稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

夜にネット回線が遅くなる理由について解説したいと思う

      2017/06/25

今やどの家庭も光回線でネットのスピードは一昔前に比べて格段に速くなり、ネットが重くてイライラするという経験は少なくなってきているのだが、光回線でも中には遅いと感じる人もおり、特に昼間のネット回線は快適にも関わらずに、夜になるとネット回線が重いということもあるのだが、これは仕方がない。

例として、家庭でスマホやタブレットやパソコンなどを家族で同時に使用している場合というのは、ネット回線がそれぞれの機器の回線に分断されて接続されるために、ネット回線が重くなるというのは容易に想像ができると思うのだが、これは一つの端末でネットに接続している場合でも同様な現象が起きる。

それは、平日の昼間というのは多くの人は仕事などでネットを利用している割合が少ないために、各家庭のプロバイダへのネット接続が減り、平日の昼間にネットを利用すると夜に比べて格段にネットが快適に利用ができるという訳であるために夜のネット回線は昼間に比べて重く感じるのである。

この夜のネット回線の通信速度を上げる方法というのは、利用者が少ないプロバイダに変更するという大掛かりなものになってしまうために、夜にネット回線が遅いということで悩んでいる人は、夜のネット回線は思いものであるということを前提としてネットを利用するしかないという訳だ。

しかし、光回線しか利用したことの無い人は知っておいて欲しいのだが、数年前のADSLのスピードに比べれば各段に通信速度は安定しており、ADSLの時代はYouTubeもろくに再生ができない時代を考えれば今の光回線のスピードで重いというのは大袈裟と言えるために、多少の遅さは妥協をする忍耐力を付けるべきだろう。

夜にネット回線が重くなるのは仕方がないんじゃないの?

 - 雑学