稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

苦手意識が多い坂道発進の簡単なコツを伝授したいと思う

      2017/07/03

自動車学校などで車の免許を取得する際にマニュアル車を選択した人の最初の難関と言えば、口をそろえて坂道発進と答える人が多いと思うのだが、坂道発進ができなければ教習コースから卒業ができないものであり、自動車学校に通っている人であれば絶対に坂道発進の習得が必要不可欠である。

しかし坂道発進はコツを掴んでしまえば簡単にできるものであり、頭で考えて坂道発進を行うため苦手意識を持っている人が多いのだが、坂道発進は少しのコツで各段に上達することができるために、もし自動車学校などで坂道発進で悩んでいる人がいるのであれば、これから紹介していく方法を意識してほしい。

坂道発進など実際の公道では使わないと思っている人は多いかもしれないが、実際の行動ではマニュアル車に乗っていると頻繁に坂道発進をしなければいけない道路というものが多く存在しており、坂道発進をしっかりマスターしておかなければ重大事故に繋がるために、初心者のうちに坂道発進はマスターしておこう。

坂道発進のコツは車が前に移動する感覚を掴むこと

自動車学校などでは、坂道発進の教習を行う場合にはタコメーターやエンジン音でクラッチが繋がったということを確認してからサイドブレーキを解除するという方法を教えてもらうかもしれないが、タコメーターやエンジン音などで坂道発進をすると運良くエンストしなかっただけで、実際には出来ていない場合が多い。

これは教習所が悪いのだが、坂道発進をこれらのマニュアル的な方法で伝授するために余計に坂道発進というものに抵抗感を持ってしまうのである。坂道発進を簡単に行うコツはギアが繋がり車が前に少し移動する感覚がしたらサイドブレーキを解除すれば良いだけの話なのである。

この車が前に移動する感覚というものを理解せずに、タコメーターやエンジン音だけでサイドブレーキを解除すると、エンジン回転数とクラッチの負担が比例せずにエンストしてしまうものであり、車が坂道で前に移動する感覚を狙ってサイドブレーキを解除すれば簡単に坂道発進はマスターできるのである。

後ろに下がりそうになったら回転数を上げてクラッチを早急に繋げる

半クラッチで車が後ろに下がる抵抗力に比べてエンジン回転数が足りない場合には、エンストをしてしまうのだが、サイドブレーキを解除して急激にエンジン回転数が下がるのであればアクセルを吹かしてクラッチを早急に繋げてしまえばエンストして車が後ろに下がることは無い。

これは自動車学校によっても判断基準は異なるのだが、坂道発進で急な発進をしても減点をされることは少ないために、修了検定などでエンジン回転数が少なく、エンストしそうになった時には、アクセルを早急に吹かしてクラッチを繋げてやれば良いのである。

一般的に坂道発進は難しい難所と呼ばれているが、手順的には難しいものではなく、クラッチが繋がったらサイドブレーキを解除してあげれば良いだけの話であり、坂道発進に抵抗感を持っているのであれば、これら紹介したコツを意識して坂道発進を克服して欲しいと思う。

坂道発進は簡単なんじゃないの?

 - 雑学