稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

清潔感のある男になるためのチェックポイントを学ぶ

      2017/07/05

男ならば不潔な人より清潔感のある男性の方が人から好かれやすいのは当然であるのだが、清潔感というものを意識して、清潔感のある立ち振る舞いをしていても人から見れば不潔に感じてしまうという場面もあり、清潔感を醸し出すというのは自分が意識している以上に難しいものである。

一般的に清潔感ということを考えると、服装や髪型などを中心として考えてしまうと思うのだが、このような服装などで清潔感を出しても自己満足を終わってしまい、真の清潔感というものを理解していない人が多いと思う。そのためこの記事では清潔感を出すためのチェックポイントを解説していきたいと思う。

清潔感というのは、一見すると簡単に出せると思いがちであるのだが、実際には清潔感がある男性になるためには、それなりの努力をしないと清潔感のある人とは言えないため、これから紹介していくポイントを意識して生活習慣を変えていくということも重要であることを理解してほしい。

清潔感を醸し出すためのファッション的チェックポイント

髪は短髪であること

男の髪型というのは本当に大雑把に分けて、ロングヘアとショートヘアの二つに分類をすることができるのだが、男のロングヘアというのは似合う人と似合わない人がおり、大多数は男のロングヘアは不潔であるという認識があるために、清潔感を出すためにはショートヘアにすることが大切である。

服装にこだわること

人というのは他人を見てその人のイメージを決定するまで三秒で判断するという。これには表情や立ち振る舞いなどの様々な要因があるのだが、人に一番印象を与えることができるのが服装という訳であり、ボロボロの服装をしている人より、しっかりとした服装をしている人の方がイメージは良くなる。

清潔感を醸し出すための見落としやすいチェックポイント

靴が清潔であること

これが意外と見落としてしまう項目なのだが、ファッションに気を使って服装を完璧にコーディネートしたとしても、靴が汚いと人というのは上辺だけのお洒落な人であるというイメージを持たれてしまう。そのために靴に関しては服装以上に気を遣う必要があるアイテムであるということを忘れてはいけない。

爪の手入れをしっかりと行うこと

どれだけ清潔感を意識してファッションに流行を取り入れたとしても、身体が汚いのでは本末転倒である。特に爪に関しては意外かもしれないが人というのは手先に注目していることがあるために、爪が汚いと一発で不潔な人という印象を持たれてしまうために注意が必要である。

清潔感を醸し出すための印象的チェックポイント

笑顔でいること

いくら清潔感のある格好をしていたとしても、暗い人というのは総じて清潔感が無いと残念ながらみなされてしまう傾向にある。清潔感というのは上辺だけではなく、性格も明るく笑顔でいるということが求められるために、人に清潔感を与えたいのであれば常に笑顔でいることが大切だ。

行動的であること

清潔感を出したいと思っている男性というのは、現状に満足が出来ずに、少しでも清潔感を出したいと思っている人が多いと思うのだが、休日に引きこもってダラダラ過ごしていても、現状は変わらない。生活感を出して行動的になることが清潔ということの真髄なのである。

清潔感は好かれるために重要なことなんじゃないの?

 - カラダ