稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

最近は高級車より軽自動車の方が怖い人が乗っている場合が多い

      2017/07/09

もしあなたが車を運転していたと仮定して、後ろから走ってくる後続車が軽自動車の場合で煽られているケースと、ベンツやクラウンやレクサスなどの高級車に煽られているケースを考えてみて欲しいと思うのだが、ここであなたがイラッとして後続車に文句を直接言う場合に軽自動車と高級車の違いで態度が変わるだろう。

軽自動車の場合には、乗っている人は対して怖くない人というイメージを持って直接、後続車に文句を言う人もいる一方で、後続車がベンツやレクサスなどの高級車の場合には路肩によって道を譲ったりして、イライラしながらも穏便にやり過ごすという選択を取る人は多いと思うのだが、これは誤っている。

私は自動車整備士をしているために日ごろから様々なお客さんの車を整備することがある。それは軽自動車から高級車まで様々な車種を預かるのであるのだが、レクサスやクラウンやBMWなどに乗っているお客さんというのは昔の怖いイメージの人が乗っているという訳では無くて、一般常識がある人が乗っている場合が多い。

それもそのはずであり、このような高級車の乗り回せるというのは一般的な社会的地位より少し上層階級の人が乗るケースが多く、公務員や会社役員などが乗っている場合が多く、お金の余裕は心の余裕ということわざがあるように、運転に対しても余裕がある常識人の方が多いのである。

しかし、これは比較的新しい型の車に当てはまるものであり、型落ちの過去には高級車と呼ばれた車を少しでも良く見させようと、無駄なカスタムをして乗り回している人は危険な人が多く、短気であることが多いために上記で説明した常識人という言葉は当てはまらないということを理解してほしい。

逆に注意が必要なのは、地味な軽自動車に乗り回している人というのは全てに当てはまる訳ではないのだが、893さんや危ない人が維持費という面で乗り回していることが多い傾向にあり、これからの時代は高級車よりも軽自動車などの普通の車ほど交通トラブルに巻き込まれないために注意しなければいけない車種なのだ。

軽自動車の方が危ないんじゃないの?

 - オピニオン