オピニオン

いじめ問題でどちらが悪という議題は論するに値しない

現在は社会人として生活をしている人を含めて、学生の中でいじめという場面に遭遇した経験のある人もいるかもしれない。いじめのターゲットとなっていない人は傍観者としていじめる側のターゲットにならないように息を潜めて生活をし、いじめのターゲットとなっている人は最悪な日常を送らなければならない。

そうしていじめている側の張本人は退屈な日常の暇つぶしという感覚で、人をいたぶることに快感を覚えて何気ない顔で生活を送っているのだが、ここで良く議題に出されるのが、いじめる側といじめられる側のどちらに問題があるのか?ということなのだが、この議題は論するに値しない程に答えは出ている。

いじめる側を擁護する意見としては、家庭環境やストレスが積み重なり悪いと思いながらもいじめる側の友達というグループから仲間はずれにされたくないという集団心理という精神的な問題を挙げて論されることが多いのだが、このような些細な理由からいじめを肯定して良い訳がないだろう。

そしていじめられる側が悪いという意見を持つ人は、いじめに発展するのはいじめられている本人の心が弱く、人の意見に否定ができずに問題を抱えてしまうことに問題があるという意見が挙げられるが、いじめられる本人には何の非もなく、単純にターゲットにされてしまっただけの話なのである。

いじめを受けている人は、一方的にいじめられる原因を作っているのは自分自身にあると自己暗示をかけてしまうのだが、いじめられている本人にはまったく悪い所はなく、私は100%いじめている側の精神に問題があるものだと思っているし、多くの人がこのような意見を持っていることだろう。

いじめをされている期間は一時の時間である

人格形成を司る学生時代に他人から侮辱をされたり、人格を否定される言動を毎日のように浴びせられると、まだ若い学生というのは小さな空間が社会の全てであるという認識をしてしまい、対人恐怖症になったり不眠症になったり、最悪の場合には自ら人生リタイヤの道を選んでしまう。

しかし、学生の場合には数年という期間で人間関係が強制的にリセットされるものであり、長い人生の中で数年という短い期間しかその生活は続かないのである。もしいじめを受けている場合には、耐えられるケースに限っては耐えた方が良いし、耐えられない場合には学校は行かなくて別に良いのである。

これはいじめなどが続いて学校は卒業しなければならないという固定観念の中で過大なストレスの中で生活をしていると、将来的に精神面で悪い影響が次々と出てくるためであり、些細なことで不眠症になったり、対人恐怖症が治らなくなることやうつ病の発症が露骨に表れ、これらの精神的な病は簡単には治らないためだ。

そのため、もしいじめを受けていて学校に行きたくないという場合には、一度頭の中から学校に行かなければ人生終了という固定観念を捨てて、精神的に楽な方に逃げても別に良いんじゃないの?という言葉を保険にして適当に毎日を生活すればその時間は直ぐに過ぎ去るのである。

いじめる側の方が一方的に悪いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    お金を使いたくない症候群の人が意識するべき4つのこと

    学校という教育の場を離れて自分の給料が入ると直ぐにお金を使って…

  2. オピニオン

    仕事中にビールを飲んでも別に良いんじゃないの?

    仕事中にアルコールを摂取して仕事に臨むなんてことは言語道断だと…

  3. オピニオン

    引きこもりニートの雇用を推進する法律を制定すべき理由

    引きこもりという言葉をイメージすると、十代後半から二十代前半の…

  4. オピニオン

    テレビやニュースはクソだから見ない方が良い理由

    朝起きてリビングに向かうと家族の誰かが必ずテレビを付けていると…

  5. オピニオン

    喫煙者はタバコ税を納めているから偉いという考えはバカな思考

    近年、成人のタバコ喫煙率が大幅に減ってきている。これはとても良…

  6. オピニオン

    今の若者はネットの情報に左右されて自分の意見を持たない

    今や小学生でもスマホなどを所有して、日常的にネットを閲覧してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    クレジットカード更新時に登録済みのカード情報は更新不要
  2. メンタルヘルス

    ニート初心者が楽しいニート人生を送るための8ヶ条
  3. 雑学

    働かなくても大金持ち「ネオニート」という存在は一体なんだ?
  4. メンタルヘルス

    毎朝が鬱な気分に陥る人に向けた気分を軽くする魔法の言葉
  5. 雑学

    一度撮影した証明写真を何度も再利用する簡単な方法を伝授
PAGE TOP