稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

有給休暇すら自由に取得できないなんて会社員は奴隷ですね

      2017/07/20

日本人というのは他の国と比べて、仕事に対する時間の束縛度というのが各段に高く、毎日の生活の中心は仕事に追われる日々であり、貴重な休日も取得できない会社というものが多くある。確かに仕事に賢明に取り組むということは重要かもしれないが、お金のために自由な時間を犠牲にするのも何かが違う。

このような働き過ぎる日本人に少しでも休日を与えて、うつ病や過労死などの精神障害から解放させようと、政府はプレミアムフライデーなどの直ぐに廃れてしまうような制度を考え出したが、このような中途半端な制度を持ち出しても日本人の働きすぎという問題は根本的に解決が出来ないのは明白である。

では、日本人の働きすぎという問題を解決させる単純明快な答えは、土日という決まった休みの他に有給休暇を自主宣告で自由に取得させるという制度は辞めて、有給休暇は会社側が強制的に月の決まった曜日に取得させる制度を設けることも日本人の働きすぎという問題の一つの解決策となるのではないだろうか。

働くことが美徳であるという風潮がある日本人の生活習慣の中には、有給休暇を取得するということに罪悪感を覚えて、大事なプライベートの用事でも上司の目を気にして有給休暇を消費できていないというのが今の現状であり、有給休暇を強制的に取得させる仕組みを設けるということは働きすぎ問題を解決させる糸口になる。

国の法律で有給休暇の取得が認められているにも関わらずに、会社側の都合などで有給休暇を自由に取得させてくれないというのは、まさに奴隷であり、日本人の働きすぎという問題を解決させるためには、このような有給休暇を自由に取得させる制度をしっかりと設けるべきなのではないだろうか。

有給休暇を自由に取得できないなんて奴隷なんじゃないの?

 - オピニオン