メンタルヘルス

うつ病を改善させるためには環境を変える以外に選択肢はない

会社や学校などの一定の組織に属して生活をしなければならない社会の中で、人間関係や仕事内容などが過度な負担となってうつ病になるという人が後を絶たないのが日本社会なのだが、日本人というのは自分がうつ病になっているという自覚があっても無理をして頑張る国民性であり、病院に行きたがらない。

そうして、自身はうつ病などではないという自己暗示の中でストレスの多い組織で生活を続けていくと、高確率でうつの重症化が進んでしまい、ここまできてやっと重い腰を上げて心療内科に相談をするというケースが多いのだが、うつ病を改善させるのは病院で処方される薬ではなく、環境を変えることなのだ。

心療内科などに出向いて医師に薬を処方してもらっても、うつ病というのは風邪などとは違って簡単に治るものでは無く、薬を飲んでもうつ病が改善するのは服用をして薬が作用している時間に限られるのである。そのためうつ病を根本的に改善させるためにはストレスの多い環境を変えていくという他に選択肢はないという訳だ。

もし、うつ病などで休職をしていて鬱が治って同じ環境に社会復帰をしたとしても、それは高確率で再び鬱になることが多いために、一度鬱を経験した組織とは関係を断ち切って新たな環境の中で生活をするということがうつ病を根本的に解決させるために一番重要なことなのである。

うつ病は環境を変える以外に選択肢はないんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    精神安定剤という無駄な薬は廃止にすれば良いんじゃないの?

    うつ病や不眠症や対人恐怖症という心の病は日本の大きな問題であり…

  2. メンタルヘルス

    物欲という欲は人間には不必要な欲求だ!

    何か物が欲しい。どうしても欲しいという欲は人間なら誰しもが持っ…

  3. メンタルヘルス

    部屋に友人を招きたくない人の心理を読み解こうと思う

    小中高生などの学生や社会人などで自分の部屋に友人を一切入れたく…

  4. メンタルヘルス

    人は常識という固定観念や当然という思考に左右されすぎだね

    学生であれば、毎日きまった時間に起床して決まった時間に帰宅して…

  5. メンタルヘルス

    「別に良いんじゃないの?」を口癖にすることを強く勧める理由

    人それぞれ口癖というものがあるが、基本的に口癖というのはネガテ…

  6. メンタルヘルス

    悩み事は時間が解決してくれるから悩む必要なんて無いですよ

    人というのは生きていれば何かしらの悩み事は抱えている。それは将…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 音楽

    YOSHIKIがドラムを破壊することによるメーカー側の思惑は?
  2. オピニオン

    低所得者が貯金額1000万円を貯めるための心得
  3. メンタルヘルス

    視力が悪いということは実はメリットの方が大きいという事実
  4. ブログ運営

    会社員ブロガーに必要なポテンシャルは悪人になることである
  5. オピニオン

    田舎には娯楽が何もないと主張する輩は田舎の本質を理解せよ
PAGE TOP