雑学

キーンと良い音が鳴るZippoに価格帯は関係ないという事実

最近では禁煙ブームということもあって、ひと昔前に比べれば喫煙者というものが随分と現象してしまい、喫煙者は肩身の狭い思いをしなければならない。しかし喫煙者からしてみれば一仕事終えた後の一服というのは格別であり、その中でもZippoを使って火をつける瞬間が好きという愛煙家も多いのではないだろうか。

そのような一服をするために、喫煙所に向かうと自分が使っているZippoよりも格段に甲高い音でキーンと鳴るZippoを使ってる人を目のあたりにして、自分のZippoは安いから甲高い音ができないと勘違いをしている人がいるのだが、実はZippoの甲高い音というのは価格に左右されず、安いZippoも高いZippoも同様な音なのだ。

中にはアーマーZippoという数万越えのZippoもあるのだが、これも千円のZippoに比べて少し音が良いだけで甲高い音はしないのである。では世の中にはなぜ甲高い音がでるZippoと安い音が出るZippoがあるのかということについて説明すると、甲高い音が出るZippoは高確率でチューニングをしているためである。

Zippoをチューニングするというのは、ヒンジの部分を変えたり、加工を施すことで甲高い音が出るようにセッティングをするということで、甲高い音が出るZippoはこのような細工がしてあるために、Zippo特有の良い音が響くという訳である。そのため安いZippoでもチューニングを行えば高級感のある音が出せるという訳だ。

Zippoは高ければ良いという訳ではない

Zippoをこれから選ぼうか悩んでいる人であれば「一生使えるものだし高級なZippoを選ぼう」と考えている人もいるかもしれないが、Zippoというのは値段による性能差というものはあまりなく、評価の基準は年代物であるかということが基準になるために、安いZippoを購入して末長く使うのが醍醐味なのである。

そこで私がおすすめするZippoは無地の安いZippoをお勧めしたいと思う。Zippoには様々な装飾がされたものが多数販売されているのだが、派手な装飾というのは長く使っていくうちに塗装が剥げて汚くなってしまうことがあるのだが、無地のZippoは落としてもそれが味となって使う内にどんどん渋くなるのだ。

そのため、これからZippoの購入を検討している人の中で末永く使用することを考えているのであれば、絶対的に無地のZippoを私はお勧めがしたいと思う。下記にお手頃なお勧めZippoのリンクを張っておくので、気になった人は購入の参考にしてみて末永くZippoを使い続けてほしい。

無地のZippoが最強なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    車の平均寿命は10万キロという説は完全に間違っている理由

    車に乗っている人であれば、一度購入した車を長く乗り続けたいと思…

  2. 雑学

    LINEで友達を削除した後に復活させる最後の手段を解説

    今やスマホ保持者の殆どにインストールされているLINEなのだが…

  3. 雑学

    スペアタイヤに代わるパンク修理キットについて解説

    車に乗っている人であれば、町中を走っていると突然タイヤがパンク…

  4. 雑学

    新車バイク購入時の慣らし運転の必要性は本当にあるのか?

    新車でバイクを購入すると、慣らし運転をしなければならないという…

  5. 雑学

    鏡に映る自分の姿はなぜカッコよく見えるのか解説したいと思う

    男ならば風呂上りなどで鏡の前に立つといつも以上に自分がカッコよ…

  6. 雑学

    公務員と同等の刑罰がある「みなし公務員」の職務と責任とは

    公務員という職務をイメージすると警察官や消防士や教師などが思い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    今時、車に最新式のカーナビを取り付ける奴は時代遅れである
  2. 音楽

    楽器は子供の頃から始めないと上達しないというのは嘘である
  3. 家電

    格安SIMに移行する際はLINEの年齢確認は事前に行う必要性
  4. メンタルヘルス

    コミュ障が優先すべきことは喋ることではなく笑うことである
  5. 雑学

    固着したオイルエレメントの最終手段としての取り外し方
PAGE TOP