オピニオン

年下先輩はどのように接するのが正しいのか考察しよう

社会人として働いていると、学校とは異なり年下が先輩になるというケースは決して珍しくなく、逆に年下が先輩というケースの方が比較的多いかもしれない。そのような時に自分の方が年上だからという理由で年下の先輩に対して馴れ馴れしい態度をとってしまう若手社員もいるのだが、これは学生気分が抜けていない。

会社というものは、年功序列というもので先に入社をした人が先輩となり、新しく入ってきた新入社員の歳の差ほどに年齢が離れていたとしても、入社をした順番で先輩後輩が決まるのである。そのため自分より年下だからという理由で馴れ馴れしい態度をとってしまうのは社会人失格とも言えるため注意をしてほしい。

それでは、年下の先輩にどのように接すれば良いか?という疑問なのだが、基本的に会社では歳の差という固定観念は捨てて、普通の上司と同様に対応をするということが一番であり、中には自分が年下の先輩であるということに気を遣ってくれて、フレンドリーに話しかけてくれるケースもあるだろう。

そのような時には、状況に応じた先輩への対応を取ればよいのだが、社会人として例え相手が年下の先輩であってもあだ名をつけて読んだり、見下したような態度で対応をするということはご法度である。この点に注意して年下先輩と仲良く交友を続けることができれば一番ベストという訳である。

馴れ馴れしい態度は駄目なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    完全自動運転の普及に自動車メーカーが消極的な理由

    近年の車は予防安全性能というレーダーや単眼カメラを用いた安全サ…

  2. オピニオン

    作業着であるツナギを私服にすると快適すぎる件

    いきなりだが、ツナギと聞くとどのようなイメージを持つだろうか。…

  3. オピニオン

    夫が賢明に働いているのに対して妻は寿司を頬張る格差社会

    日本という国では、夫は会社で賢明に働いて妻は家事に専念するとい…

  4. オピニオン

    派手な髪色はお金を溝に捨てているのと同じである理由

    人とは違うお洒落な人というのは、ファッションやメイクなどに拘り…

  5. オピニオン

    最悪な人生を余儀なくされるニートの末路という最期

    一日中、何をする事も無く無気力に生活をしているニートという存在…

  6. オピニオン

    お金の使い道が無い人は他人の為にお金を使うべきである理由

    特に最近の若者に多く見られるのだが、学校という学び舎を卒業して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    国家資格という無駄な試験は廃止にすべきである
  2. オピニオン

    会社の飲み会という何の生産性もない束縛は断ればよい
  3. メンタルヘルス

    自分を変えることがなぜそれほど難しいのか教えてやる!
  4. ブログ運営

    会社員ブロガーに必要なのは悪役になる心意気である。
  5. 雑学

    カーナビの取り付けは自分で行った方が良い理由を解説しよう
PAGE TOP