稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

勉強が苦手な子供に強制的に塾に通わせるとか親はバカなの?

      2017/08/04

学校という空間は、子供の勉強ができるかどうかということだけで、その子供の個性を尊重せずに成績という一つの指標を学期が終わるたびに渡される。そこで成績が良かった子供は親から褒められ、頑張ったのに成績が悪い子供は親の目線を気にしながら、怒られ、そして自身に劣等感を持つ羽目になる。

そうなると、親というのは子供の学力を少しでも向上させるために塾へ通わせることを検討するのだが、勉強が苦手として勉強が大嫌いな子供というのは塾に通わせても高確率で成績の向上は望めない。その理由としては子供というのは素直で勉強に興味を示さなければ頭の中へインプットされないためである。

子供というのは興味のあることに関しては、一目見ただけで暗記できる傾向にある。そのために勉強が苦手という子供は単純に勉強に対して興味がないだけで、この言い方は好きではないのだが、頭が悪いということでは決してないのである。そこで頭ごなしに塾へ通わせて勉強漬けにしても成績の向上は望めないという訳だ。

塾というのは、本来は勉強が好きな子供が向上心を持って通う所であり、親は「勉強が苦手な息子を塾に毎週通わせるようセッティングしたからこれで成績は上がるでしょう」と勉強が苦手な子供を塾に押し付けて安堵していること自体が全くもって可笑しい話であり立派な教育放棄ともいえる。

親は子供の得意分野を見抜いて育てる義務がある

それでは、勉強が苦手な子供は何を伸ばしていけば良いのかということについて説明すると、勉強だけが今後の人生を左右する命綱という固定観念は捨てて、親は子供の得意分野というものを見抜いて、それを伸ばすということを積極的に行うべきであり、それに対して投資を行っていけば良いのである。

例えば音楽の才能があれば、勉強ができなくても塾には入れずに、音楽教室へ通わせるなどの個性を尊重した教育を積極的に取り入れていくべきであり、日本の教育の駄目なところは個人の個性よりも集団生活に馴染む教育方針に沿って教育を行っていることであり、これでは大量生産の社畜しか生み出さないのだ。

そのため、自分の子供が勉強が苦手という場合には、勉強が全てという考えは捨てて、子供の個性や才能を見抜いてそこにお金を投資して才能を伸ばすということが、クリエイティブな人材を育てるためには必要なことなのではないだろうか。これから求められる人材は固定観念に縛られない人材であることは間違いないのだから。

子供の才能を見抜く必要性があるんじゃないの?

 - オピニオン