稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

悩み事が頭の中から離れないときに心を軽くする心得を紹介

      2017/08/14

誰しもが一つや二つは常に悩み事を抱えながら生活していると思うのだが、この心配事に関するストレスの度合いが大きく、何をしていても悩み事が頭の中から離れないという場合は結構な心理的ストレスになり、これは強迫性障害という心の病の一つに分類がされるのだが、この悩み事を軽くする方法があるのである。

まず、悩み事には二種類があり、解決ができる悩み事と解決ができない悩み事に分類され、自分が努力をすれば解決できる悩み事に関しては、多少手間がかかっても頑張って解決することが一番の近道なのだが、問題は解決法が見当たらない悩み事であり、これは本当に時間に委ねるしか解決法がないのである。

学生であれば勉強の成績が悪くて悩み事が頭から離れなければ、勉強をするということでその悩みは解決ができる。しかし、考えても解決法が見つからない悩みというのは、将来に対しての悩みや、自力では解決をすることができない悩みであり、これは解決をしたくても解決ができないものなのだ。

それでは、このような解決策が見つからない悩み事を抱えてしまった場合に、心を軽くする心得を紹介すると、今から一年前の今日を思い出してみてほしいと思う。こう言われて思い出せる人というのはゼロに近く、人というのは常に悩み事を多く抱えているが、時間とともに悩みは記憶から消してしまう特徴があるのである。

きっと、解決策が見つからない悩みを抱えている人というのは、一年後の今は頭を抱えるほど悩んでいることもきっと忘れて「あぁなんかそんなことで悩んでたかもしれない…。」という記憶にしかならないのが解決策の見当たらない悩み事の特徴であり、この悩みに頭を抱える必要性なんて皆無なのだ。

解決策が見当たらない悩み事は時間が解決するんじゃないの?

 - メンタルヘルス