オピニオン

20代から貯金をするという選択は貴重な時間を犠牲にしている

社会人として生活している人の中で独身である率が高い20代というのは、会社から決まった給与が毎月振り込まれて、自分で稼いだお金はすべて自分で管理して自由に使えるという経済的自由があるのだが、結婚をしてしまうと稼いだ給与は家庭に投資しなければならず、自由にお金を使うということができなくなる。

日本人の感覚としては、不景気な世の中ということもあって貯金をする人は将来を見立ててお金をうまく管理しているというイメージがあるのだが、若いうちから貯金をメインにして給料の大部分を貯蓄に回してしまうというのは、20代というお金を自由に使えて遊べる貴重な時間を犠牲にしているといっても過言ではない。

確かに将来設計をしっかりと立てて、貯蓄をするということは大事なことかもしれないが、極度に貯金をするということを20代のうちに身につけてしまうと、お金を使って商品を購入するということが不快に感じ、お金が貯まるということに快感を覚えて、悪い意味で金銭感覚が狂ってしまう原因にもなりかねない。

中には20代にして貯金が数百万もあるという人もいるかもしれないが、このような人は20代のお金を自由に使える楽しさを放棄して、全て貯蓄に回している傾向にあるために20代のうちに体験できる楽しさを得ずに終わってしまうために若いうちから貯蓄をするということはお勧めができないのである。

20代の貯金は程々が良いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    ニートであるが故のストレスを教えたいと思う

    ニートは社会生活から隔離された生活を送っているため、常にストレ…

  2. オピニオン

    経済力のある男を見抜くには軽自動車に乗った奴を選ぶべし

    女性からしてみれば、男性を結婚相手として選ぶ基準として経済力が…

  3. オピニオン

    意味のない貯金をしている人が家計簿を付けてはいけない理由

    最近の若者は働いて貯金をせずに自分が欲しいものを購入するという…

  4. オピニオン

    有名人に会ったけどやはり一般人と変わらない普通の人間だった

    2016年4月16日にセカオワがサンドーム福井へライブを行うと…

  5. オピニオン

    YouTuberになるのは絶対に止めておけ!リスクが高すぎる

    最近、小学生の将来なりたい職業の第3位にYouTuberという…

  6. オピニオン

    「副業=悪」という定義は底辺思考から抜け出せませんよ

    一般的な社会のレールというものに敷かれて社会人になれば一つに企…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    精神安定剤は薬局で気軽に購入できる市販薬にすべきである
  2. オピニオン

    学校は義務教育の一環としてお金の勉強を取り入れるべきである
  3. 雑学

    自立支援医療制度に必要な書類や手続きを解説してみる
  4. ブログ運営

    私がstnger5テンプレートをカスタマイズしない理由
  5. メンタルヘルス

    努力をしない不真面目な生き方でも良いんじゃないの?
PAGE TOP