稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

20代から貯金をするという選択は貴重な時間を犠牲にしている

      2017/08/17

社会人として生活している人の中で独身である率が高い20代というのは、会社から決まった給与が毎月振り込まれて、自分で稼いだお金はすべて自分で管理して自由に使えるという経済的自由があるのだが、結婚をしてしまうと稼いだ給与は家庭に投資しなければならず、自由にお金を使うということができなくなる。

日本人の感覚としては、不景気な世の中ということもあって貯金をする人は将来を見立ててお金をうまく管理しているというイメージがあるのだが、若いうちから貯金をメインにして給料の大部分を貯蓄に回してしまうというのは、20代というお金を自由に使えて遊べる貴重な時間を犠牲にしているといっても過言ではない。

確かに将来設計をしっかりと立てて、貯蓄をするということは大事なことかもしれないが、極度に貯金をするということを20代のうちに身につけてしまうと、お金を使って商品を購入するということが不快に感じ、お金が貯まるということに快感を覚えて、悪い意味で金銭感覚が狂ってしまう原因にもなりかねない。

中には20代にして貯金が数百万もあるという人もいるかもしれないが、このような人は20代のお金を自由に使える楽しさを放棄して、全て貯蓄に回している傾向にあるために20代のうちに体験できる楽しさを得ずに終わってしまうために若いうちから貯蓄をするということはお勧めができないのである。

20代の貯金は程々が良いんじゃないの?

 - オピニオン