稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

異性からモテない学生諸君は大人がどれだけ汚いか理解すべし

      2017/08/22

小学校低学年までは、男女関係無く平等に遊んでいたにも関わらず、小学校高学年になると急に異性というものを気にしてしまい、学生のうちから異性からモテたいという心理を当然のように持ち、カッコつけた言動やファッションに拘りを持ち始めるが、学生のうちからモテても良いことは一つもない。

学生の恋愛感情というのは、基本的に顔で全ての評価がされてしまうために、異性からモテたいと思いどれだけ頑張ったとしても、無駄な努力に終わり、顔面偏差値上位カーストにいる人には勝てないのである。しかし世の中は顔で評価されると勘違いをしている学生はまだまだ視野が狭い。

これは男性を例にして紹介してみるが、大人になると、異性からモテるための条件というのは顔ではなく、経済的という実力主義の世界に移り変わる。イケメンで年収が200万円未満とブサイクで年収1000万とでは、圧倒的に異性からモテるのは後者であり、大人になると人間は金に汚くなるのだ。

「金に汚くなる」というのは少し語弊があるかもしれないが、大人の恋愛対象は経済力がすべてとなるために、大人の女性が恋愛の条件として高収入という条件を出すのは仕方がないことなのである。そして残念ながら学生のうちに好きな子がいたとしても結婚できる確率というのは5%くらいしかないというのが現状だ。

そのために、学生は恋愛ごっこに夢中になるのではなく、若いうちから将来設計をしっかりと立てて、勉強に励んで良い大学に入って、良い就職先を獲得すれば、出会いを求めて街コンなどに出かければ、会社名が武器となって自ずと異性は経済力という面で寄ってくるのである。

大人の世界は経済力がすべてなんじゃないの?

 - オピニオン