稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

日本人がファッションやブランド品に拘る理由は個性がないため

      2017/08/24

日本人というのは、ファッションや腕時計などの小物などに関して身の丈以上の高級品を身にまとっている人というのが本当に多い。周りを見渡せば拘ったファッションや髪型のセットに何時間も時間を要して、ファッションセンスが良い人は「これが個性である」と主張するが、物で個性を主張するのは間違っている。

日本人は、周りと同じであるということに対して安心感を覚えてしまう民族であり、例えばスマホを例にするとiPhoneの普及率が日本では首位を取得している理由の裏腹には、皆と同じであるという安心感があるためにスマホごときで数十万も出して購入するのだが、そこに自分の意志というものは存在しないのである。

幼少期から他人と強調して、自分の個性を潰す義務教育を受けてきた影響で、大人になっても自分の個性というものを持っている人というのは少なく、いざ自分を表現するために努力を始めると、自分の内面を磨くということではなく、物に依存して日本人は自分の個性を主張する残念な民族という訳だ。

本当に個性を持った人というのはファッションや高級品で自分の価値を上げるということはせずに、実力で個性を主張する人が本当の意味でのしっかりとした個性を持った人物という訳である。個性を出したいのならまずは八方美人にならずに恐れずに、自分の内面をさらけ出すということが大切である。

素の自分を表現できる人が個性を持っている人である

では、個性がある人というのはどのような人なのか?ということについて考えてみると、個性というのは他人からの目線や協調性などを度外視して自分が正しいと思った選択を取る人が本当の意味での個性がある人と言えるものであり、日本人は特にこの協調性から外れることが大の苦手なのだ。

会社では立場によって偽の自分を演じなければならないし、友達の前では嫌われないように偽の自分を演じなければならない。このような状況に応じて自分を演じるというのは個性を潰す一番の原因であり、生活をしていてストレスが大きいために、個性を出したいのならば素の自分を出せばよいのである。

根暗な人を例にすると、本当は楽しいことが喋れるコミュニケーション能力を身に着けているにも関わらずに、他人の目線を気にして暗い自分を演じて安全地帯に入ってしまうのだが、他人からどう思われようが構わないという心意気をもって自由に発言すれば十分個性がある人間と言えるのだ。

そのために、個性を主張するということは皆と同じという理由でファッションや高級品で演出するのではなく、素の自分を表現するということが本当の意味での個性がある人と言えるのである。個性を持ちたいと考えている人は、素の自分を出すということを最優先に考えてほしいと思う。

個性は素の自分なんじゃないの?

 - オピニオン