稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

収益化目的のブロガーは面白くないため淘汰されてください

      2017/08/26

ブログ運営をしている理由は人によって様々あると思う。それは自分の意見をネットに公開して閲覧者の意見をもらうことを楽しみにしていたり、自分の考えを文章にすることで頭の活性化を目的としてブログ運営をしている人など様々あるのだが、過度な収益化を目的としたブログというのは絶対に続かない。

ブログというのは簡単に収益化をすることができる訳であるのだが、ブログを書く目的をアフィリエイトを始めとした収益化目的で運営をしていると、バカみたいに一つの記事に対して過度に広告を掲載してクリックを促すブログ記事がメインとなり、そんな記事に誰が賛同して長々と記事を読んでくれるのだろうか。

そもそも、このようなアフィリエイト目的で広告を過度に掲載して文章も他サイトのリライトで構成しているサイトというのは検索結果でも上位表示はされないし、収益化を最大の目的としてブログを運営していると絶対的に成果はでないものであり、高確率で放置サイトになり検索結果のゴミとなるのである。

ブログで収益化というのは、自分が本当に素晴らしいと思った商品やサービスを読者に情報提供する程度の感覚で行うのが一番であり、収益化を考えるのは二の次で、しっかりとブログの本質である自分の意見を率直に書くということを意識しないとブログは面白くないし、絶対に長続きはしないのだ。

ネットで副業を考えると、すぐに収益化に走ってしまい実力がないのにペタペタと広告を張っているサイトをよく見かけるのだが、このようなサイト運営を副業目的で行うために、アフィリエイトで月に1000円を稼ぐ人は数パーセントと言われているものであり、記事を書く目的が収益化という運営者は淘汰されるべきであろう。

収益化目的ブロガーはつまらないんじゃないの?

 - ブログ運営