稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

うつ病になっても環境を変えずに心療内科に頼るバカが多い日本

      2017/09/01

日本という国はストレス社会であり、何かと日常生活を送るということだけでも過大なストレスに晒されてしまいやすい。その中でも一番のストレスとなるのが社会人であれば仕事という自分の自由時間を組織に捧げて上司に頭を下げなければならない会社でのストレスが大きく占めているだろう。

毎日莫大なストレスに晒されて生活をしていると、人というのはストレスのリミッターを外れて体に様々な症状が起きてくる訳であるのだが、一番厄介と言えるのがうつ病という心の病である。一度うつ病になってしまうと心が回復するまでに莫大な時間を要してしまうし、うつ病が進行すると最悪の事態も考えられる。

日本という国はご存知の通り、うつ病大国であり、残業や完璧を求められる風潮の中で頑張らなければならないというプレッシャーに押しつぶされて、完全に心が折れているにも関わらずに、ストレスの一番の要因となっている会社を退職するという選択をせずに、最後の砦として心療内科に駆け込む人がとても多い。

しかし、心療内科というのは確かにSSRIや精神安定剤などを処方して心を楽にしてくれる薬は処方してくれるが、このような心療内科などで処方される薬を服用しても、それは薬の効き目が効いている短時間だけの感情を誤魔化すだけで、根本的な鬱の解決にはなっていないのである。

心療内科に駆け込むよりも環境を変えるべき

大多数の人はうつ病になると、現在の会社を退職して違う環境に身を置くということを考えずに、鬱の根本的な要因となっている組織に属したままで処方された薬を服用して感情を誤魔化しながら生活をしているのが現状であるのだが、鬱になったら病院に駆け込むより先に環境を変えることを考えるべきだ。

環境を変えずに処方薬に頼った生活を続けると、根本的なストレスの要因は全く解決していないために、ストレスの原因となっている環境下に身を置き続ける限り薬が手放せない体になってしまうケースも考えられるものであり、まずは鬱になったら心療内科に駆け込むよりも環境を変えるべきなのである。

日本人というのは社会のレールから一度外れることや、新しいことに挑戦するということに対して抵抗感を覚えてしまい、現状が一番最善な状況下であるという認識を持った人がとても多いのだが、このような現状維持バイアスに囚われずにストレスを抱えたならば環境を変えることが鬱を改善する根本的な方法なのだ。

環境を変えることを最優先にすべきなんじゃないの?

 - メンタルヘルス