オピニオン

夢を追いかけるということは現実逃避の口実という側面もある

一般的な大人という存在とは、学校を卒業し一般的な会社に就職して結婚をして子育てをして…。という典型的な生活が社会人として当然であり、このような一般社会から外れた夢を追いかけている人というのは、周りから「いい加減現実を見ろ」という言葉を投げかけられる世の中である。

学生ならば成長に連れて考え方も変わってくるために、特色のある職業を夢として語っても笑い話で済むかもしれないが、20歳を超えた大人が中高生が語るような夢をいつまでも追いかけて、一般的な社会に染まることに拒絶して、夢を追いかけるためにフリーターとして生活している人も多くいる訳だ。

例えば声優やミュージシャンや漫画家などのクリエイティブな才能が必要な職業を目指している大人も大勢いると思うのだが、このような夢のある職業というのは努力をすれば結果が返ってくるという訳ではなく、大抵の人は花を咲かせずに挫折してしまうのがこのようなクリエイティブな仕事の大きな特徴である。

確かに社会に染まらずに自分の夢に向かって進むということについては賞賛に値する行動力と責任感のある人であると私は感じるのだが、夢を追いかけるということは一般社会に染まることに対しての現実逃避の口実として夢を追いかけてしまうという側面もあり、夢はいつか諦めなければならない時が来るのだ。

漫画家を目指して就職せずに家に引きこもって原稿を書き続けている漫画家志望や、バイトを掛け持ちしながら作曲に励んでいるバンドマンなどは売れなければ一生を棒に振るということを理解しているつもりであっても「夢をあきらめたら終わり」という言葉に束縛されて夢を語ることで不安を解消し、現実逃避をするのだ。

夢を追いかけるということは確かに素晴らしいことであり、何歳になっても自分のやりたいことに挑戦し続ける人は尊敬に値するが、無理だと分かっているにも関わらずに、夢を語り続けいつまでも自立せずに「将来ビックになる」という言葉が口癖になっている人は夢を現実逃避の口実にしていないかよく考える必要があるだろう。

夢と現実逃避は紙一重の存在なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    ニート期間中は劣等感を感じるのは無駄であり存分に遊ぶべきだ

    ニートというのは実際に体験したことにない人からしてみれば、一日…

  2. オピニオン

    異性からモテない学生諸君は大人がどれだけ汚いか理解すべし

    小学校低学年までは、男女関係無く平等に遊んでいたにも関わらず、…

  3. オピニオン

    通販に依存ではなく地元企業にお金を消費するべき

    都会に住んでいる人であれば、家から少し出れば沢山の店舗があり、…

  4. オピニオン

    田舎暮らしに車は果たして必須な交通手段なのか考察してみる

    都会であれば、電車やバスなどが一分単位で到着して待ち時間という…

  5. オピニオン

    デパス輸入禁止に文句を言っているアホ共に物申したいと思う

    精神安定剤であるデパスは昨年の夏ごろまでは個人で使用する場合に…

  6. オピニオン

    低所得者は将来設計を立てて副業を視野に入れるべきである

    低所得者という定義は様々な意見があるのだが、一般的には年収が2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    一般庶民が持てるクレジットカードにステータスは一切ない
  2. ブログ運営

    専業ブロガーという職業に待ち受ける現実を考察しよう
  3. 雑学

    車のサイドミラーが破損した場合の修理費用を整備士が解説
  4. 雑学

    これから自動車整備士を志す人に向けてお勧めの書籍を紹介
  5. カラダ

    禁煙に失敗してしまう人はタバコを絶つ概念を捨てる事が重要
PAGE TOP