オピニオン

夢を追いかけるということは現実逃避の口実という側面もある

一般的な大人という存在とは、学校を卒業し一般的な会社に就職して結婚をして子育てをして…。という典型的な生活が社会人として当然であり、このような一般社会から外れた夢を追いかけている人というのは、周りから「いい加減現実を見ろ」という言葉を投げかけられる世の中である。

学生ならば成長に連れて考え方も変わってくるために、特色のある職業を夢として語っても笑い話で済むかもしれないが、20歳を超えた大人が中高生が語るような夢をいつまでも追いかけて、一般的な社会に染まることに拒絶して、夢を追いかけるためにフリーターとして生活している人も多くいる訳だ。

例えば声優やミュージシャンや漫画家などのクリエイティブな才能が必要な職業を目指している大人も大勢いると思うのだが、このような夢のある職業というのは努力をすれば結果が返ってくるという訳ではなく、大抵の人は花を咲かせずに挫折してしまうのがこのようなクリエイティブな仕事の大きな特徴である。

確かに社会に染まらずに自分の夢に向かって進むということについては賞賛に値する行動力と責任感のある人であると私は感じるのだが、夢を追いかけるということは一般社会に染まることに対しての現実逃避の口実として夢を追いかけてしまうという側面もあり、夢はいつか諦めなければならない時が来るのだ。

漫画家を目指して就職せずに家に引きこもって原稿を書き続けている漫画家志望や、バイトを掛け持ちしながら作曲に励んでいるバンドマンなどは売れなければ一生を棒に振るということを理解しているつもりであっても「夢をあきらめたら終わり」という言葉に束縛されて夢を語ることで不安を解消し、現実逃避をするのだ。

夢を追いかけるということは確かに素晴らしいことであり、何歳になっても自分のやりたいことに挑戦し続ける人は尊敬に値するが、無理だと分かっているにも関わらずに、夢を語り続けいつまでも自立せずに「将来ビックになる」という言葉が口癖になっている人は夢を現実逃避の口実にしていないかよく考える必要があるだろう。

夢と現実逃避は紙一重の存在なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    底辺職と呼ばれる職業は実際問題として経済を支えている天職だ

    職業というのは本当に沢山ある訳であるのだが、職業を大きく分けて…

  2. オピニオン

    適当に生きるためには思考力より直感力を重視すべきである

    人というのは、学校では友達を多く作って勉強をして社会のルールと…

  3. オピニオン

    日本人は有給休暇を取得しないなんてまさに奴隷ですよ

    日本人というのは真面目という印象があり、接客業などのサービスを…

  4. オピニオン

    経済力のある男を見抜くには軽自動車に乗った奴を選ぶべし

    女性からしてみれば、男性を結婚相手として選ぶ基準として経済力が…

  5. オピニオン

    友達のいないボッチは車に乗るよりも原付に乗ったほうが人生が楽しくなるョ

    移動手段といば車と答える人は本当に多い。なぜだか分からないが車・車・車…

  6. オピニオン

    友人がいないからこそ自分の貴重な時間を尊重できる

    小学校や中学校、そして高校、そして大学、そして社会人と階段を上…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    ブロガーには批判コメントを気にしている暇など無いという話
  2. 音楽

    エフェクターとアンプシミュレーターの違いをプロが解説
  3. オピニオン

    名車と呼ばれるバイクが次々と生産終了になる運命を辿る理由
  4. 家電

    効果がないと噂のワンダーコアを喜んで購入してみた
  5. オピニオン

    専業主婦はニートよりたちが悪い存在ですよ
PAGE TOP