オピニオン

夢を追いかけるということは現実逃避の口実という側面もある

一般的な大人という存在とは、学校を卒業し一般的な会社に就職して結婚をして子育てをして…。という典型的な生活が社会人として当然であり、このような一般社会から外れた夢を追いかけている人というのは、周りから「いい加減現実を見ろ」という言葉を投げかけられる世の中である。

学生ならば成長に連れて考え方も変わってくるために、特色のある職業を夢として語っても笑い話で済むかもしれないが、20歳を超えた大人が中高生が語るような夢をいつまでも追いかけて、一般的な社会に染まることに拒絶して、夢を追いかけるためにフリーターとして生活している人も多くいる訳だ。

例えば声優やミュージシャンや漫画家などのクリエイティブな才能が必要な職業を目指している大人も大勢いると思うのだが、このような夢のある職業というのは努力をすれば結果が返ってくるという訳ではなく、大抵の人は花を咲かせずに挫折してしまうのがこのようなクリエイティブな仕事の大きな特徴である。

確かに社会に染まらずに自分の夢に向かって進むということについては賞賛に値する行動力と責任感のある人であると私は感じるのだが、夢を追いかけるということは一般社会に染まることに対しての現実逃避の口実として夢を追いかけてしまうという側面もあり、夢はいつか諦めなければならない時が来るのだ。

漫画家を目指して就職せずに家に引きこもって原稿を書き続けている漫画家志望や、バイトを掛け持ちしながら作曲に励んでいるバンドマンなどは売れなければ一生を棒に振るということを理解しているつもりであっても「夢をあきらめたら終わり」という言葉に束縛されて夢を語ることで不安を解消し、現実逃避をするのだ。

夢を追いかけるということは確かに素晴らしいことであり、何歳になっても自分のやりたいことに挑戦し続ける人は尊敬に値するが、無理だと分かっているにも関わらずに、夢を語り続けいつまでも自立せずに「将来ビックになる」という言葉が口癖になっている人は夢を現実逃避の口実にしていないかよく考える必要があるだろう。

夢と現実逃避は紙一重の存在なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    夫が賢明に働いているのに対して妻は寿司を頬張る格差社会

    日本という国では、夫は会社で賢明に働いて妻は家事に専念するとい…

  2. オピニオン

    初めての二輪免許で一気に大型二輪を取得するのはアリなのか?

    バイクが好きな人にとっては、大排気量のリッタークラスのバイクと…

  3. オピニオン

    本当のお金持ちがブランド物に一切執着しない決定的な理由

    日本人というのは本当にブランド物が大好きな民族だ。今やブランド…

  4. オピニオン

    寝室にベッドという邪魔な家具は必要ないんじゃないの?

    現在、多くの人の寝室にはベッドが置かれていると思うが、ベッドと…

  5. オピニオン

    成功者が実践している質の良いものを長く使うという重要性

    今の世の中は大量生産で質の悪いものが大量に世の中に出回っている…

  6. オピニオン

    モチベーションを持続させたいなら「夢や希望」を放棄する事が重要

    モチベーションが続かなくてせっかく決意した事を早々に放棄してし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    整備士が語る安い低品質ガソリンがエンジンに与える悪影響
  2. メンタルヘルス

    電話恐怖所を簡単に改善させる心構えを伝授したいと思う
  3. ブログ運営

    国語の通知表が1だった私でも月間4万PV以上のブログを運営できています
  4. オピニオン

    生きていれば良いことがあるという言葉は幻想なんじゃないの?
  5. メンタルヘルス

    やんちゃ坊主は大人になると感受性豊かな人間性になる
PAGE TOP