オピニオン

コンプレックスを気にする人は自己確立が出来ていない子供だ

人には必ずと言って良いほどに何かしらのコンプレックスというものがあり、他人と比べて自分は劣っているという風に自分の評価を下げている人がいるのだが、私はコンプレックスを気にして自分の評価を自分で下げる人の心理が全くといって理解ができないし、他人と比較して自分に何のメリットが存在するのだろうか。

そもそもコンプレックスというのは、自身が感じている自意識過剰に過ぎないものであり、学歴や身長や顔立ちといったコンプレックスの代表格は、第三者から見て「どう思われるか?」という自分を客観的に判断してコンプレックスが生まれる訳であるのだが、自分と他人を比較する時点で日本特有の固定観念に縛られすぎである。

学歴は確かに良い就職先を見つけるための武器となるかもしれないが、就職してしまった後というのは学歴という肩書は人よりも優越感を感じるためのステータスにしかならず、低学歴や高学歴であろうが就職をしてしまえば給料という面では差異があるが、学歴などでコンプレックスを感じるのは自分を確立していないためだ。

しっかりとした自己確立が出来ていれば、他人と比較してコンプレックスを感じる無意味さというものに早く気づき、学歴や身長や顔立ちなどを気にすることなど無いのである。もしコンプレックスに悩んでいるのであれば、他人の評価を気にするということは止めて自己確立をしっかりと行うべきであろう。

コンプレックスを感じる必要性なんて皆無なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    男子小便器に衣服を密着させる人の神経が理解できない件

    男子であれば、男子用小便器で小便をすることがあると思うが、私は…

  2. オピニオン

    自動車整備士が自動車メーカーに恐縮ながら物申す

    今や自動車というのは国民の足となり、物流の基盤となっている乗り…

  3. オピニオン

    専業主婦はニートよりたちが悪い存在ですよ

    日本には専業主婦という女性に与えられた謎の職業が存在している。…

  4. オピニオン

    お金の出費となる物欲を消すために覚えておきたいこと

    お金が無いと嘆いている人に共通しているのが、収入より無駄な出費…

  5. オピニオン

    社会人の本当の友人関係?なにそれって人が読むべき記事

    幼少期から親のエゴによって様々な固定観念を押し付けられて、友達…

  6. オピニオン

    あなたが歴史に名を残す天才と呼ばれる人物になる方法

    天才と凡人の違いは明確だ。それは後世に名を残す功績を作り上げた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    タブレットの進化によりパソコンは廃れる存在になるのは確実
  2. メンタルヘルス

    ポジティブに生きるにはこの世という人生をゲームだと思い込め
  3. メンタルヘルス

    デパスの断薬時期に訪れる体の不具合について解説しよう
  4. オピニオン

    大学は何の才能もない凡人が行く社畜訓練所である
  5. オピニオン

    車の購入を検討している人はEV車の波が来るまで待ちなさい
PAGE TOP