稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

進路に迷う学生達は就職という固定観念を捨てるべきである

      2017/09/13

学生たちは学校という教育を修了すると、自分の進路というものについて考えなければならない訳であるのだが、学生の中には自分が将来やりたい夢というものがなく、進路に迷ってしまう学生もいると思うのだが、このような学生は教師や親に推薦された就職先を選び、後に後悔するパターンが多い。

将来の夢を語るというのは実に簡単であり、華のあるミュージシャンや安定性のある公務員になりたいと思っても、現実問題として学歴や才能などで多くの夢というのは淘汰され、本当に自分のやりたいことが見つからないのも頷ける。そうして学歴などで妥協をして数少ない候補から就職先を選ぶことになるのだ。

世の中には、学校を卒業して直ぐに就職先が見つからなかったらニートや引きこもりの予備軍として扱われる風潮があるのだが、自分の本当にやりたいことが見つからないのであれば、学校を卒業して直ぐに就職先というものを慌てずに選ぶということはしない方が良いという側面もあるのである。

学校を卒業して就職先が見つからなければ屑というレッテルを貼られてしまうのが日本の悪い風潮であり、自分の本当にやりたい職業に就職できている人というのはごく僅かということを鑑みると、学生は学校を卒業して1年程度自由な時間を設けて本当に自分の進みたい道をじっくり考えてみるという選択肢もあるのだ。

人というのは、学校教育によって様々な世の中の固定観念を徹底的に教え込まれて、他人と同じであることが美徳であり、個性のある人材は淘汰するという教育がされているために、卒業しても就職先が見つからないというのは人間性に問題があると思われてしまう訳であるのだが、そんなことはない。

ニートであっても親のスネを頼りにせず何かしらの方法で稼ぐ能力があるのであれば、別に稼げりゃニートでも良いし、ネット社会の現代では就職をせずにネットで収益を得て生活しているクリエイティブな人も右肩上がりに多数いるために、就職先が無い学生は悩まずに就職という固定観念を捨ててみるのも一つの手だ。

別に稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

 - オピニオン