稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

音痴という基準点は歌声で判断するのは間違っている根拠

      2017/09/18

誰しもが一度はカラオケに行ったことはあると思うのだが、自分の歌声に自信がなく自称音痴と思っている人は結構多くいると思うのだが、音痴という基準点を考えてみると歌声だけに焦点を当てて判断するというのは間違っているものであり、本当の音痴の人にはある特徴があることをご存知だろうか。

一般的には音痴な人というのは、歌声のピッチがずれているという意味合いで使われる訳であるのだが、実はこれには頭の中ではピッチを理解していても、ボイストレーニングをしていないために理解しているはずである声のトーンが出ないという理由があるため歌声のピッチがずれてしまうのである。

本当に音痴な人というのは、音楽を聴いても音のピッチが理解できてない人のことを指すのであるのだが、約9割の人はこれに当てはまらず、音程は理解していても声の出し方が下手であるために、客観的に歌声を聞くと音程が外れているというのが音痴な人に共通していることなのだ。

この記事では、自分は音痴であると自覚している人に向けて、本当に自分の歌声は音痴なのであるのか?ということを簡単に確認する方法について解説していきたいと思うので、人から音痴と言われて落胆している人はこれから紹介していく方法を試してみて自分の歌声に自信を持って欲しいと思う。

99%の人は本当の音痴ではない理由

鼻歌や口笛でメロディーを奏でてみる

お気に入りの歌手の楽曲のメロディーを鼻歌や口笛で発声してみて欲しい。声帯を通さずにメロディーだけを奏でると大抵の人は鼻歌や口笛ではしっかりとしたメロディーを出すことができると思うのだが、これは脳ではしっかりと音程が取れている証拠であり、問題点は声帯にある根拠と言える。

頭の中ではしっかりと音程が取れているにも関わらずに、声に出すとズレてしまうのは声帯が上手く利用できていないために、声を出して歌うとどれが正しい音程なのか分からなくなり、音程が想像しているように出ないというのが大半の音痴の人の特徴であり、これはトレーニングで治すことができるのだ。

音痴な人というのは実は声帯に問題がある

本当に音痴な人というのは少数であり、実際には音痴ではないのだが、声の使い方が下手であるために音程が上手く出せずに歌声のピッチがずれてしまうというのが音痴と言われる人に共通していることであり、音痴という基準点を歌声だけに絞るというのは間違っているのである。

音痴は治らないと考えている人もいるかもしれないが、ボイストレーニングをしっかりとすることによって音痴は絶対的に解消できるものであり、自称音痴と感じている人は日常生活の中で歌う機会というのが皆無であり、音程を出すということに慣れていないということが音痴に聞こえる根本的な原因なのである。

音痴の基準点は歌声だけで判断してはいけないんじゃないの?

 - 音楽