オピニオン

精神安定剤を服用しての運転は完全に道路交通法違反である

日本という国はストレス社会であり、多くの人が不眠症やうつ病に悩まされている国民病とも言っても過言ではない訳であるのだが、そのような心の病になったときに心療内科で医師が処方する薬というのが精神安定剤というものであるのだが、これを運転する際に服用するというのは本当に危険という意識がない人が多い。

精神安定剤は、脳に直接的に作用するために正しく服用したとしても眠気や服用した後の健忘というのが大きな副作用であるのだが、これはアルコールを摂取した時の状態に近い感覚であり注意力の低下や判断力の低下が起こる危険性があるにも関わらずに、多くの人が精神安定剤を服用した後でも運転をしているのが現状がある。

精神安定剤の注意書きとして、服用した際には車の運転等の機械の操作はしないようにという注意書きがあり、尚且つ、道交法では薬によって正常な運転ができない状況下での運転は禁止されているのだが、精神安定剤を服用しての運転は正常な心理状態での運転とは言えないものであり、本来は取り締まるべきなのだ。

しかし、精神安定剤を服用している運転者というのはアルコールなどと異なり見分けるのが困難であり「正常な運転ができない」という境界線が非常に曖昧であるために、精神安定剤を服用して運転している人を取り締まるということは難しいのが現状であると推測できるが、薬を服用しての運転は道交法違反なのは間違いはない。

このような正常な運転ができない危険性がある薬を処方されている患者に対しての免許更新というのは、これまでの病歴などを照らし合わせて処方されている薬を申告する制度にして、免許の条件等に「処方薬を服用しないこと」と記載し、違反した場合には飲酒運転同様の免停等の罰則を設ける必要性があるだろう。

精神安定剤を服用しての運転は道交法違反なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    休日引きこもりはニート並みに底辺な生活を強いられる現状

    家からまったく外出せず、労働も行っていない引きこもりニートとい…

  2. オピニオン

    日本人は固定観念という負の思考について改めるべきである

    人というのは生活をしていく中で様々な万人に出来て当然という固定…

  3. オピニオン

    私は人間が作り出した汚い造作物には一切興味がない

    人が何かを欲しいと思う場合の代表的なものと言えば、車であったり…

  4. オピニオン

    家族でカーシェアリングをすると車の維持費が抑えられますよ

    地方に住んでいる人ならば、交通手段は車であり、一人一台車を所有…

  5. オピニオン

    通販で購入した商品の箱潰れはどこまで許せるか?

    今や、インターネットが普及してネット通販を利用した事のない人と…

  6. オピニオン

    資格を独学で取得可能か見極めるには士業は絶対に避けるべき

    就職や転職などで有利になる資格を取得する場合には、比較的簡単な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    お金を使いたくない症候群の人が意識するべき4つのこと
  2. ブログ運営

    専業ブロガーやアフィリエイターはネット移り変わりの速さ舐めている
  3. 雑学

    整備士が解説するブレーキパッド残量を減らさないブレーキ術
  4. オピニオン

    低所得者は将来設計を立てて副業を視野に入れるべきである
  5. オピニオン

    田舎暮らしに車は果たして必須な交通手段なのか考察してみる
PAGE TOP