稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

独立可能な資格という謳い文句を鵜呑みにしてはいけない理由

      2017/09/27

多くの人は資格を取得する理由として就職をする際に有利になるという理由から資格を多く取得すれば直接的に企業へのアピールとなるために、資格を取得するということが多いと思う。しかし大手の通信教育などでは資格を取得すればいきなり独立が可能であるという謳い文句を挙げているのだが、これを鵜呑みにするのはダメだ。

会社員というのは、会社から毎日決められて業務を行って上司の顔色を伺いながらメリハリのない仕事を毎日続けている会社員が多いと思われる。このような会社員は組織から独立して自由に仕事をしたいと考えたときに独立系の資格を取得することを検討する傾向にあるのだが、独立系の資格に希望を持ってはいけない理由がある。

独立が狙える資格というのは、行政書士や司法書士などが例として挙げられるのだが、司法とは関係のない仕事に就業している会社員が、懸命に行政書士や司法書士の勉強をして資格を取得したとしても、いざ開業するということになった際には勉強で学んだ知識は役に立たず、開業しても食えない人が多い。

それも当たり前の話であり、会社員として働いてきた社会経験はあったとしても、開業をするとなると会社員時代に学んだ社会経験は当てにならず、尚且つ、資格の勉強で学んだ知識は業務を遂行するための最低限の知識を問うものであり、独立を目的として設けられている資格ではないためだ。

通信教育などで独立が狙えるという謳い文句を設けている理由は、このような会社という組織から独立をしたいという安易な考えを持っている社会人やニートなどをターゲットとして大々的に独立が可能であるというキャッチコピーを設けている側面があり、独立を目的として資格を取得するというのは根本的に間違っているのだ。

資格というのは独立を目的として取得するのではなく、就職や転職を有利に進めるための武器として取得するということが王道であり、独立ということを考えているのであれば、資格というものに頼らずに自分のアイディアなどを出して起業した方が最終的には成功する確率は高くなるだろう。

独立系の資格はメリットがないんじゃないの?

 - オピニオン