稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

対人恐怖症の一番の治療法は荒療治という方法が最善である

      2017/09/30

鬱社会の世の中で、うつ病や不眠症と並んで日本人に発症しやすい心の病として対人恐怖症というものがある。これはコミュニケーションが苦手な国民性である日本人に多く見られるのだが、対人関係面での失敗や相手側にどのように自分が見られてしまうのかということを過度に意識してしまい対人関係が恐怖になるというものだ。

対人恐怖症というのはうつ病と同等に日常生活に影響を与えるものであり、対人関係が恐怖となってしまえば学校や会社などで不特定多数の人が集まる場所が恐怖となってしまい。引きこもりやニートを生み出す根本的な原因となってしまうなどの影響があるために、早期に治療をする必要性がある訳である。

しかし、対人恐怖症などで心療内科に通院すると薬物療法が主な治療法となり、SSRIや精神安定剤などが処方される訳であるのだが、SSRIや精神安定剤などを服用しても対人関係面での恐怖感というのは薬を服用している時間に限って紛れるだけであり、薬の服用だけでは対人恐怖症は治らない厄介なものなのだ。

薬物療法だけでは絶対に改善はしない

多くの心の病になってしまった人というのは、心療内科などで処方された薬だけに頼ってしまうために、薬がなければ社会生活が送れないという依存を生み出しやすい傾向にあるが、心の病を根本的に治療するためには薬に頼らずに、荒療治を行って改善させるということが重要になってくることなのである。

対人恐怖症というのは、自意識過剰による心理状態が主な原因となっているのだが、他人というのは街で出会った第三者のことなど意識していないということを頭の中にいれて、わざと人混みの多い場所などに出向いて荒療治を行うということが薬に頼らない一番の治療法であるということを理解してゆっくり治療をする必要がある。

対人恐怖症が大人になると改善されると言われる理由

対人恐怖症というのは、主に思春期を迎える中学生時代から発症する傾向にある訳であるのだが、これは他人からの評価を過度に意識してしまう思春期特有の心理状態になるために発症するわけであるのだが、大人になり社会人になると対人恐怖症が改善されると言われる理由には対人関係の慣れが大きい。

学生時代には、コミュニケーションを取らなくても生活にはさほど支障はない訳であるのだが、社会人となると接客や電話対応などで頻繁に他人とコミュニケーションを取らなければならないために、対人関係関係の慣れが生じて、対人恐怖症が改善されやすい環境であるというのが大人になると改善されると言われる理由なのだ。

そのために、対人恐怖症で悩んでいる人は心療内科などで処方された薬に頼るだけではなく、荒療治として緊張する場面に多く触れることで、対人恐怖症は比較的簡単に改善をさせることが可能ということを理解して治療を進めるということが根本的に改善させる一番の方法ということを理解しておこう。

荒療治が最善の治療法なんじゃないの?

 - メンタルヘルス