稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

オイルエレメントはセルフで交換することをお勧めできない理由

      2017/10/03

車を保有しているドライバーはメンテナンスの一環としてオイル交換は必ず行わなければ車の寿命を大幅に削ることになるため、走行距離や期間が経過した場合にはオイル交換を行っていると思うのだが、オイル交換の作業自体は上抜きでも可能であるためにカーショップでオイルを入手してセルフで行う人もいることだろう。

しかし、オイル交換と同様に走行距離に応じて定期的に交換をしなければならないのがオイルエレメントというものであり、これはエンジン内部で発生した粉塵などをフィルターを通してろ過するものなのだが、セルフでオイル交換をする人の中にはオイルエレメントの役割を理解せずに交換を行っていない人も結構多い。

オイルエレメントが粉塵などで詰まってしまうと、エレメントのバイパスバルブが開いてオイルエレメントのフィルターを通さずにオイルを循環させる安全装置が付いている訳であるのだが、粉塵が多い汚れたオイルを循環させるとエンジンの性能低下や寿命が縮まるなどの悪影響などがあるためエレメント交換は重要なのだ。

しかし、オイル交換は上抜きで気軽に行うことができる一方で、オイルエレメントは車の下に潜って専用の工具と規定トルクで閉める必要があり、尚且つ、自動車メーカーや車種によって適合するオイルエレメントの種類が異なるという理由からセルフで交換するというのは一般的ではないという訳である。

そしてオイルエレメントをセルフで交換することをお勧めできない一番の理由としては、オイルエレメントは長く交換していない場合や規定トルク以上の力で閉めている場合には、エレメント自体が外れない場合が多く、整備士でも専用の工具を駆使して四苦八苦して外すことが結構な頻度で遭遇する面倒なものなのだ。

整備士は主にカップ式かチェーン式の専門工具を利用してエレメントを外したり取り付けたりするのだが、中には知識のない素人が無理やりエレメントを外そうと試みてエレメントの山を潰したり、パイプレンチ等を使ってボコボコにしたりすると、エレメントを外す工具が使えなくなるために整備士でも四苦八苦することになる。

オイルエレメントの交換も自分で行いたいという人もいるかもしれないのだが、このような理由があるためにオイルエレメントの交換は整備工場で整備士によって行ってもらった方が時間や費用を鑑みても効率的であり、尚且つ、車を傷めないためにもオイルエレメントの交換は整備士の手によって行う方が良いという訳だ。

オイルエレメントの交換は整備工場で行う必要性があるんじゃないの?

 - 雑学