稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

朝の起床が億劫で無くなるちょっとした心得を紹介しよう

      2017/10/10

毎日仕事や学校などで疲れ果てた状態で朝の起床となると億劫に感じてしまい、朝の時間が憂鬱で仕方ないという人がとても多いと思うのだが、朝の起床が億劫になる理由を考えてみると、朝というのは何かと時間に追われて短時間で様々な準備に取り掛からなければならないために億劫になるのであろう。

そして起床というのは頭が完全に回っていない状態で様々な作業を短時間で行わなければならないという心理と、今日一日も面倒という考えがあるために朝の時間というのは憂鬱な時間と考える人が多い訳だが、朝の起床が億劫でなくなるためのコツというのがあるために紹介していこうと思う。

その方法とは簡単であり、子供の頃を想像して欲しいのだが、子供の頃には新しいゲームなどを手に入れると朝でもゲームをしたいという理由で早起きをした経験はないだろうか。そして社会人になっても休日の朝といのは平日に比べて格段に晴れやかな気分で朝を迎えることができる訳だが、この心理を利用するのである。

例えば、何等かの趣味を持っていると仮定すると、多くの人は就寝時間を削っても趣味に没頭して深夜の2時になっても時間を忘れて趣味に没頭していたという経験は誰しもがあると思うのだが、この趣味に当てる時間を睡眠時間を削って設けるのではなく、朝に早起きをしてその時間を趣味の時間として利用するのだ。

このように早起きをして趣味の時間に利用するという方法を実践して習慣化させると、早起きをして趣味の時間に充てるということが習慣化されるために早起きという時間が憂鬱ではなくなるという訳であり、もし朝の時間が憂鬱で仕方がなく、朝の時間を有効的に利用したいという場合は実践してみて欲しいと思う。

趣味は朝の時間に行うと良いんじゃないの?

 - メンタルヘルス