稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

劇団員が緊張感を無くすために行っている参考になる訓練法

      2017/10/11

人前で自分の意見を発表する際や、大勢の人の前で何かしらの作業を行わなければならないという状況下になると多くの人は緊張をしてしまうのは当然であるのだが、極度に緊張をしてしまうと自分の本領を発揮できずに頭が真っ白となってしまうために緊張感を人一倍感じてしまうというのは改善させる必要性がある。

しかし、人前で演説をしなければならないという緊張感は自分の意志では止められない生理現象であり、特に人前で作業をしなければならない仕事に就いている場合には緊張感というのは本当に厄介なものであり、無駄に緊張をしてしまうことによってミスを連発する悪循環に陥っている人も大勢いることだろう。

人前で緊張してしまうという根本的な原因は、自分がミスをしてしまい人に笑われるという恐怖感が強く、その不確かな恐怖感を事前に予測してしまうために緊張感というのが強くなってしまう訳であり、緊張感を無くすためには、この人前でミスをする恐怖に慣れる必要があるということである。

特に人前でミスをできない状況下に置かれる職業である劇団員というのは、大勢の人の中で自信を持って舞台に立っているが、劇団に所属している全ての人が緊張をしない体質という訳ではなく、極度に緊張してしまい舞台に慣れないという劇団員も当然おり、そのような緊張しやすい劇団員はある訓練法を行っている。

その方法とは、荒療治として自身が緊張を感じやすい状況下に身を置いて恥ずかしいという感情に慣れるというものである。例えば人が多い公園で近隣の迷惑にならない程度にミュージカル調で歌ったり、カップルを演じて別れ話を大声で行ったりするなどの緊張感と恥ずかしさを無くすための訓練を行っているのだ。

この方法は実に効果的であり、恥ずかしさを消すためにはこのような自身が不快と感じる環境下に身を置くことによって耐性をつけるということが緊張感を感じさせなくする方法として一番効率的なのは明白で、緊張を感じやすい人はこの劇団員の訓練法を参考にして緊張から逃げるのではなく、あえて身を置くことが重要なのだ。

緊張感は荒療治で治す必要性があるんじゃないの?

 - メンタルヘルス