オピニオン

底辺職と呼ばれる職業は実際問題として経済を支えている天職だ

職業というのは本当に沢山ある訳であるのだが、職業を大きく分けて2つに分類すると高ステータスで高給取りである職業と、重労働を強いられるにも関わらずに安月給な職業がある。前者は公務員や士業などがあり、後者は運転手や工場に勤務する労働者などが想像できるのではないだろうか。

確かに、高ステータスで高給取りというのは魅力的であり、学生はこのような安定した職業に就職したいと考えるのは無理もないし、社会人として働いている人も士業の資格に挑戦して一発逆転を夢見ている労働者もいることだと思うのだが、所謂、底辺職と呼ばれる労働者をバカにする風潮は間違っているだろう。

そもそも大企業はお偉いさんだけで会社が回っている訳では決してなく、大企業の影には小さく働く労働者というものが何千人とおり、その下を辿っていくと底辺職と呼ばれる職業にたどり着くのだが、このような小さく影で働く労働者がいなければ経済は回っていかないものであり、底辺職は経済の土台を作り上げている。

土木関係の人たちがいなければ、日本の道路はガタガタで車の消耗が早くなり事故も多発するし、工場に勤務する技術者がいなければ大企業が製品に使用している米粒よりも小さいネジなどの部品は作り上げられず、技術の進歩は停滞したままであり、経済の基礎を構築しているのは底辺職と呼ばれる職種なのだ。

このような経済の基礎の土台を作り上げている労働者を小馬鹿にして、大企業で人の上に立つことが素晴らしいということを学校や親達が子供に教え込むことは良い教育とは言えないものであり、底辺職というカーストを職業でランク付けしてしまえば就活生はステータスという理由だけでやりたくもない職業を選ぶことになる。

実際問題として、学生が職業を選ぶ際にはこのような社会的ステータスというものを重視して職業を選択している人が殆どであり、見栄を気にしてストレスや残業の多い職業を選んだとしてもそれは天職とは言い難いものであり、底辺職という職業によるランク付けという考えは良くないのは明白であろう。

底辺職が経済を支えているんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    レビュー記事を参考にする人の愚かさは計り知れないというお話

    主にネット通販などで商品の購入を検討するときの判断材料としては…

  2. オピニオン

    田舎は何にもないだと!田舎の楽しみは探し出す事にあるのだ。

    田舎と聞くと、田んぼが近くにあり、夏になればアニメで見るような…

  3. オピニオン

    君たちは炎上商法に操られている事に気が付いているか?

    ブログ記事や企業が出した広告などで、人が見て不愉快になる情報を…

  4. オピニオン

    有人スタンドで燃料コックを規定トルクで閉めないバカスタッフ

    セルフスタンドでは自分で燃料コックを開けて給油をするが、有人ス…

  5. オピニオン

    通勤時間が片道30分とか可哀想。私は2分で職場へ到着しますよ

    会社員は必ずと言ってよいほど通勤時間という勤務時間外の時間に束…

  6. オピニオン

    ネット情報が与える心理的な負の影響は計り知れないものがある

    ひと昔前までは、ネットというものを閲覧するためにはパソコンが主…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    これから自動車整備士を志す人に向けてお勧めの書籍を紹介
  2. オピニオン

    仕事中にビールを飲んでも別に良いんじゃないの?
  3. メンタルヘルス

    物に対して神経質過ぎる人に意識して欲しいこと
  4. オピニオン

    バイクの整備は素人が挑戦しても大丈夫なのか整備士が考察
  5. 雑学

    公務員と同等の刑罰がある「みなし公務員」の職務と責任とは
PAGE TOP