稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

会社員ブロガーに求められるのはアイディアと執筆スピードだ

      2017/10/15

ブログを書いている人の9割は平日の昼間は会社などの組織に束縛されて本気でブログを執筆しようと思っても、残業などで時間が設けられずにブログが書けないというケースに陥る人が多い訳だが、このような多くの時間を組織に捧げなければならないブロガーというのは限られた時間を有効活用する必要性がある。

会社員としてブログを運営していくために重要になる秘訣は2つあり、それはブログ記事を執筆するアイディアと執筆スピードの両立だ。限られた時間の中で執筆をしなければならない会社員ブロガーは特に執筆スピードが重要になるものであり、例えアイディアが浮かんだとしても執筆スピードが遅ければ記事の量産はできない。

ブログ記事のアイディアというのは会社に束縛されている隙間時間を有効活用して、アイディアが浮かんだ場合にはスマホなどのメモ帳にタイトルと概要を書き込むことを行えば良い訳なのだが、記事の執筆スピードに関しては継続してブログを書くことで文章を構成させるためのコツというものを身に着ける必要性がある。

ここで重要になることは、ダラダラと時間を考慮せずにブログを書くということは避けて、1000文字程度の記事は15分で執筆するという時間制限を設けることが大切である。ブログ記事というのは多くの人に閲覧されるために丁寧な文章を書いてしまうのは頷けるのだが、丁寧すぎる文章というのは重要視する必要はないのだ。

ブログというのは自分の意見が読者側に伝われば良いものであり、丁寧に文章を書く場合にはダラダラと長い文章となってしまうために、ブログに求められる執筆スタイルというのは簡潔に意見を述べるという事と、時間をしっかりと決めて文章を執筆していくということが会社員ブロガーが長続きする秘訣なのである。

重要なのは執筆スピードなんじゃないの?

 - ブログ運営