雑学

自販機に硬貨を入れても釣り銭口に落ちてしまう原因を解説

日本の自動販売機設置率というのは世界中と比較してもかなりの台数が設置されており、街を歩けば必ずと言ってよいほどに自動販売機を見かける。これは日本の治安の良さから自販機設置による盗難や破壊が少ないという理由から多くの自販機が設置されているのだが、偽硬貨や偽札の対策もトップレベルである。

そのために、本物のお札や硬貨を自販機に何度も入れても釣り銭口に硬貨が落ちてしまったり、何度もお札を入れても受け付けてくれなかったりするのだが、本物のお札や硬貨であるにも関わらずに自販機で却下されてしまう理由としては、お札や硬貨の老化によるシステム規定値の誤差が生まれるためだ。

自販機には様々な偽札対策や偽硬貨対策がされているが、本物のお札や硬貨を見分けるシステムの一つとして重さや厚さなどの要因がある。お札というのは紙であるために年数が経って老化したお札は折れや汚れなどによって自販機のシステム上で規定値に達しないと判断されて却下されてしまう頻度が高い。

しかし硬貨は紙と違って老化がしにくい訳だが、何年も使用された硬貨というのは小銭同士の擦れなどによって新しい硬貨と比較して目では分からない消耗が絶対的に起きる。そうなると自販機のシステムで設定された質量や厚さなどの条件に適合しなくなり、硬貨が落ちてしまうという訳である。

小銭口に落ちる理由は硬貨の劣化なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    バイクのバッテリー上がり時の押しがけの方法を解説

    オートマチック車の車やビックスクーターなどは一度バッテリーを放…

  2. 雑学

    車の寿命は10年10万キロという概念は古い理由を整備士が考察

    形あるものはいつか壊れてしまう訳であるのだが、物の買い替えを検…

  3. 雑学

    NAVERまとめの注目まとめ常連になりたいのならば継続が大切

    ネットで手軽にお小遣い稼ぎができるサービスは様々あるが、最近で…

  4. 雑学

    ディーラーの整備士が着用しているツナギを入手する方法を解説

    車が好きな人にとっては、整備士が仕事で着用しているメーカーブラ…

  5. 雑学

    レイバンサングラスの偽物の簡単な見分け方を紹介

    どのような商品にもブランドというものが存在しており、ファッショ…

  6. 雑学

    高確率で車を傷めてしまうジャッキアップ法を整備士が解説

    車を保有していて特に雪国では、冬になるとスタッドレスタイヤを装…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    医学書には載っていない「対人恐怖症」を治すために意識したいこと
  2. オピニオン

    休日が暇で仕方ない社会人の最高の趣味は〇〇〇に跨ることだ!
  3. オピニオン

    好きなことを仕事にするというのは自分の首を絞めるということ
  4. オピニオン

    残業が暗黙の了解という社会では鬱国家の汚名は返上できない
  5. 雑学

    メルカリなどのフリマアプリで売れる価格設定の秘訣
PAGE TOP