稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

将来のことに対して事前恐怖を感じてストレスを感じる無意味さ

      2017/10/18

想像して欲しいのだが、あなたは明日大勢の前で自分の意志を伝えるプレゼンをしなければならないという状況下になった場合、大多数の人が大勢の前でプレゼンをするという課題に対してストレスを感じてしまうと思うのだが、このような事前恐怖によるストレスを感じるということは無意味だと断言したい。

事前恐怖とは、不確かな将来をマイナス思考で考えてしまい、明日何かしらの緊張感を伴う作業をしなければならないという状況下になった場合に、ミスをするという考えが先行してしまい、過大なストレスを感じてしまうというものなのだが、このような事前恐怖によるストレスは考えてもキリがなく、デメリットしか存在しない。

このような事前恐怖というのは学生であれば受験や面接などの人生の分かれ道で感じやすく、社会人であれば大勢の前で自分の意見を述べなければならないプレゼンなどで特に感じやすい訳だが、これらの事前恐怖というのは長い人生の中で山ほど経験しなければならないものであり、明日に対してストレスを感じるのは無意味だ。

不確かな将来に対してマイナス思考の考えで明日を迎えると、緊張感というのが裏目に出て自分の実力というものが発揮できない根本的な原因となるものであり、このような緊張感を感じなければならない状況下になった時には気軽な気分で物事を進める方が結果的に良い成績を残せることに繋がるのは明白であろう。

そのために、明日をことを考えて極度に緊張をしてしまうという場合には、このようなストレスは長い人生の中で幾度も経験するということを頭の中入れておいて、気軽な気分で作業を進めるということが結果的に良いという訳であり、マイナス思考になったときにはプラス思考に気持ちを切り替えるということが大切なのである。

事前恐怖を感じるのは無意味なんじゃないの?

 - メンタルヘルス