稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

高等学校はバイク通学禁止という校則について物申す

      2017/10/20

多くの全日制高校というのは、基本的にバイク通学を禁止にしている学校が殆どであり、16歳で原付の免許が取れるにも関わらずに校則でバイク通学を許可しないという訳なのだが、確かにバイク通学を許可してしまえば高校生というのは移動手段を持ってしまうために危険性という面で禁止にしているのは頷ける。

都会の場合には、公共交通機関が発達しているために数分おきにバスや電車などが来るために、通学などでは不便はしないと思うのだが、地方の場合にはバスや電車というのは1時間単位でしかなく、高校生ともなると遠方の学校に通う学生も多くおり、親御さんの送迎や定期券などの経済的負担などが大きくなる。

そもそも学校側がバイク通学を禁止にしている理由として考えられるのが、学生が原付を所有してしまえば簡単に遠方に出向くことが可能となるために非行の危険性や、事故の回避のためにバイク通学を禁止にしていると推測できるのだが、これだけの理由でバイク通学を禁止にしてしまうのは間違っている。

確かにバイク通学をすることで非行や事故という危険性は高くなるが、非行に走る学生はバイクを持たなくても非行に走るし、事故は乗り物というものに乗っていれば避けて通れないものであり、学校の名誉のために遠方にも関わらずにバイク通学を禁止にしてしまうのは学校側の都合などである。

高校生になれば判断能力も大人と同等レベルであり、現在問題となっている高齢者による交通事故発生確率と比較すると、判断能力による交通事故というのは高校生の方が少ないのは明白であり、特に地方の学校でバイク通学を禁止にするというのは親御さんの負担を考えるとバイク通学は許可すべきだろう。

高校生のバイク通学は許可すべきなんじゃないの?

 - オピニオン