オピニオン

独立系の資格を取得しても成功できる確率は低いという事実

組織に属している会社員が独立をしたいと考えたときに、行う行動として第一に考えられるのが、自分のアイディアを出して起業をするか、行政書士や司法書士などの独立ができる資格を取得して、独立を狙うという2つであると思うのだが、後者の独立系の資格を取得して独立を狙っても成功できる確率はかなり低い。

独立系の資格というのは、そもそもが資格を取得して独立をするために制定された資格ではない。行政書士であれば事務所に所属して業務を行うための最低限の知識として資格が必要になる訳なのだが、独立を考える場合には業務を行う知識を問う資格よりも経営に関する幅広い知識が求められる。

行政書士を例として考えてみると、行政書士は年齢や学歴など関係なしに受験ができるということもあって、尚且つ、資格を取得すれば高収入高ステータスという謳い文句で資格の紹介がされているために、多くの人がこの国家資格に挑戦をするのだが、合格して晴れて合格し、独立しても成功できる人は一握りだ。

その理由としては、給料取りの会社員で経営に関する知識が皆無な状態で、独立をしても顧客の獲得と、実際に試験に出される内容と業務の内容というのはかけ離れているために、独立をしたとしても経験が全くない状態で競合相手に立ち向かうということが無謀に等しく、食えない行政書士が多いと言われている訳だ。

それもそのはずであり、仕事をするということで重視されることは、資格を保有しているということよりも、仕事の経験値が重視される訳であり、資格を保有してしていても経験値がゼロに等しい人と、業務に関して経験値が多い人を比較すると、お客というのは後者を選ぶというのは容易に想像ができると思う。

このような理由があるために、独立系の資格を取得して独立を目的に勉強に励んでいる人は夢を壊すようで申し訳ないのだが、実際に資格を取得しても成功できる確率というのは低く、独立を目的として資格を取得することは結果的に損をする可能性が高いという訳であり、独立をしたいがために資格を取得してはいけないのだ。

独立系の資格は独立をするためにある訳ではないんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    社長になりたいという理由で起業するバカは絶対に廃業する

    今の若者というのは安定志向であり、常にリスクということを頭の中…

  2. オピニオン

    年収が低いと嘆いている人は考え方の転換で幸せになれる

    いくら賢明に働いても年収が中々上がらないのが今の日本社会である…

  3. オピニオン

    時間に束縛されない時計を捨てるという思考法のメリット

    人というのは日常生活の中で常に時間に追われて会社であれば出勤時…

  4. オピニオン

    通販に依存ではなく地元企業にお金を消費するべき

    都会に住んでいる人であれば、家から少し出れば沢山の店舗があり、…

  5. オピニオン

    人から褒められる人間に絶対になってはいけない理由

    人から褒められるというのは一見すれば、とても気持ちが良いものか…

  6. オピニオン

    高齢者は免許証自主返納ではなく一定年齢で取り消しにすべき

    少子高齢化と共に、車を運転するドライバーの年齢も上昇し、最近で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    宅配便の集荷時間はもっと正確にすべきなんじゃないの?
  2. 家電

    iPhone価格高騰による日本人のiPhone離れは起こるのか考察
  3. オピニオン

    ユーザー車検で車検証を発行する危険性を整備士が考察
  4. メンタルヘルス

    嫌な出来事も人生の経験値と考えれば良い方向へ進む理論
  5. オピニオン

    まとめサイトは著作権法違反で閉鎖される道を辿るかもしれない
PAGE TOP