稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

iPhone価格高騰による日本人のiPhone離れは起こるのか考察

      2017/10/24

日本人が保有しているスマホシェアというのはAppleのiPhoneが群を抜いて高く、その理由の背景としては日本人特有の皆が所有しているという理由があると思うのだが、最近のiPhoneは高機能化に伴い、端末自体の価格というものが10万円を超えるなど非常に高価なスマホと化してきている。

その一方で、格安スマホというものが世の中に認知されるようになり、iPhoneよりも高性能であるにも関わらず、価格はiPhoneの半分以下という端末が非常に増えてきている訳だが、このようなiPhoneというブランドが価格高騰に伴い、購入を躊躇している人が増えてきている中で、日本人のiPhone離れは起きるのだろうか。

この答えとしては、iPhone自体の価格が高騰してもiPhoneというブランドは強く、日本人のiPhone離れは直ぐには起きないと考察できる。特にiOSとandroidでは操作性というものが大きく異なり、まだ世の中ではスマホ=iPhoneという認識を持っている人が多数おり、iOSに慣れ親しんだユーザーが移行するのは考えにくい。

そして、多くのスマホユーザーというのは大手三大キャリアの通信回線を利用して購入する人が多く、キャリアごとに独自の端末の分割払いを設定しており端末自体の価格というものが一見して分かりにくいために、端末本体の価格を知らずに分割払いを設定して購入するユーザーも多いというのが事実である。

特に携帯電話というのは、日常生活の中で頻繁に利用するものであり、操作性などが大きく異なると仕事などの影響に大きく直結することにもなりかねない。このような考えがあるために格安なandroidに移行するというのは結構敷居が高く、日本人のiPhone離れは直ぐには起きないと考察する。

日本人のiPhone離れは起きないんじゃないの?

 - 家電