雑学

ディズニーシーアトラクションのタートルトークの仕組みを考察

ディズニーシーの人気アトラクションの一つとして、ファインディングニモの登場キャラクターであるクラッシュとゲストが会話をしながら楽しむことができるタートルトークがある。このアトラクションはゲストとCGで作られたキャラクターが自然に会話できるために、仕組みが気になっている人も大勢いることだろう。

まず、このタートルトークは観客から見えない位置にスタッフを配置しなければならないために、複数台のカメラで観客を捉えて裏側でモニターをしながら声を出している。声とクラッシュの口の動きが合っている理由としては、声と映像がシンクロする高度なシステムを使用しているために合致すると推測する。

しかし、タートルトークは口元だけの動作だけではなく、話の内容に合わせてクラッシュを動作させなければならない訳であるのだが、アドリブを効かせなければならない声の担当者と、動作を担当するスタッフとの2名体制で行う場合には、動作の遅れが発生してしまうために声の担当と動作の担当は1名で行っている確率が高い。

そして、クラッシュの声を担当しているスタッフは絶対に一人ではなく複数人おり、どのショーも声が同じであるということを考えると、声帯が似ているスタッフを複数人用意してボイスチェンジャーを使用してどのショーも声が同じであるという仕組みを作り上げているということが想像できる。

一見すると、高度なシステムを使ってショーを行っているタートルトークは、考えると単純な仕組みでゲストを楽しませているという訳だが、裏では喋りに合わせてCGを動かす練習と、ゲストから聞かれた内容に対して適格に返答するための特訓を地道に行っていることであろう。

タートルトーク自体の仕組みは簡単なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    キーンと良い音が鳴るZippoに価格帯は関係ないという事実

    最近では禁煙ブームということもあって、ひと昔前に比べれば喫煙者…

  2. 雑学

    洋画の音声と字幕が異なる理由を分かりやすく解説しよう

    洋画の映画を見ているとあることに気が付かないだろうか。それは字…

  3. 雑学

    幽霊が出ると噂される標識「その他の注意」の真相に迫る

    自動車免許を持っている人なら数々の道路標識についてしっかりと理…

  4. 雑学

    ハイブリッド車のオイル交換時期について自動車整備士が解説

    現在、車を選ぶ基準として第一に挙げられるのが燃費の良さであり、…

  5. 雑学

    自販機に硬貨を入れても釣り銭口に落ちてしまう原因を解説

    日本の自動販売機設置率というのは世界中と比較してもかなりの台数…

  6. 雑学

    カーバッテリー交換時に注意すべき盲点を整備士が解説しよう

    大抵の人は車の詳細なメンテナンスは整備士に任せると思うのだが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    完全自動運転の普及に自動車メーカーが消極的な理由
  2. メンタルヘルス

    コミュ障になる要因というのは相手の思考を推測するためである
  3. カラダ

    二週間交換コンタクトを一年使用して眼科で検査をした結果…
  4. オピニオン

    精神安定剤を服用しての運転は完全に道路交通法違反である
  5. オピニオン

    日本人がブランド品に拘る理由は飽きれるほどの個性の欠損だ
PAGE TOP