稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

犬に懐かれる人と懐かれない人の単純明快な違いを解説しよう

      2017/10/27

ペットとして犬を飼っている家庭では実感する人が多いと思うのだが、犬を飼っていると同じようにペットに接していたとしても懐かれる人と懐かれない人がいる。一番可愛がっている家族が犬に一番懐かれないカースト最下位というのも珍しいことではなく、ペットに懐かれないと嘆いている人も大勢いることだろう。

犬というのは、順位を付けると考えている人も大勢いるのだが、実際には犬というのは家族に対して優先順位というものを付ける習慣というのはなく、犬は「この人に従えば理想を叶えてくれる」と認識した人に対しては最大限のおもてなしを行い、それ以外の人に対しては理想を叶えてくれないために従う必要がないと認識する。

例えば、犬の餌やり当番の人は犬に一番懐かれると考えるかもしれないが、飼い犬にとっては餌を貰うということは当然であるという考えがあるために、必ずしも餌やり当番は犬に懐かれるという訳ではなく、犬に懐かれるためには犬の性格を理解して犬の希望にマッチした行動を取るということが大切なのだ。

犬と無邪気にボールで遊べば懐いてくれるという考えは、人間側の都合であり犬にとって遊びたくない気分であるにも関わらずに、強制的に犬と遊ぶと逆にストレスになり、犬にとっては「この人はめんどくさい」という認識を持たれてしまう原因になるために、単純に犬と接するだけでは懐かれない原因となり得る。

そのために、犬に懐かれたいと考えているのであれば、人間の都合で犬と接するのではなく、犬の要望に応えてあげるということを意識して犬と接すれば「この人は要望に応えてくれる」という考えが生まれて、犬が懐いてくれるという訳であり、犬に懐かれたいならばこれらをしっかりと意識して接することが重要なのだ。

犬の希望に応える必要性があるんじゃないの?

 - 雑学