稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

近い将来に従来のキーボードは姿を消す運命にあると断言しよう

      2017/10/29

現在、パソコンを使った仕事をする場合にはキーボードが必ず使われている訳であるのだが、近い将来にこのような物理的なキーボードというものは古いと言われる時代が来ることになるかもしれない。パソコンからキーボードが無くなるのは考えられないと思う人もいるかもしれないが、近い将来に確実に違うものへ置き換わる。

その従来のキーボードから置き換わるものというのは、現在の子供というのはネット社会に精通している訳であり、一見するとスマホやタブレットなどを使いこなしており、ITに強いと考えるかもしれない。しかしネットの閲覧がパソコンからスマホへ置き換わるということは子供がパソコンに触れる機会が減るということだ。

ひと昔前までは、ネットを閲覧するためには絶対的にパソコンを使わないとネット閲覧が出来なかったのだが、現在はスマホなどで簡単にネットを閲覧できてしまう。それに伴いパソコンを起動してネットを閲覧する人口というものが減り、現状としてパソコンの売り上げもタブレットに追い抜かれているのである。

パソコンで主にネットなどを利用していた世代は、ある程度のパソコンの知識が無ければネットを利用できなかったために、自ずとしてネットを使用することによってある程度のタイピング能力やパソコンに関する知識が習得できたのだが、現在はスマホの普及により社会人に求められるパソコンスキルが低下している訳だ。

このようなパソコンよりスマホやタブレットに触れてITというものを習得した世代というのは、フリック入力やiOSやandroidなどのOSは得意であるが、WindowsやMacといったOSに関しての知識はなく、特にキーボードを使った入力は全くできない世代が増えてくるのは容易に想像ができる。

そうなると、タブレットを主な業務として使用することになり、文字入力もフリックで行った方が早いという若者も増えて、従来のローマ字で入力するキーボードは過去の産物となり、フリックキーボードが一般的に普及していく可能性というものがとても高いと断言でき、近い将来にキーボードが姿を消すことになる訳だ。

従来のキーボードは姿を消す運命にあるんじゃないの?

 - オピニオン