メンタルヘルス

人生は楽しいものという認識を持つと鬱になる可能性が高まる

生きているのであれば、辛い人生よりも楽しい人生を送りたいと思うのは当然という認識を持っている人が多いと思われるのだが、人生は楽しいという認識を持つと結局は鬱になる可能性というのが高まる傾向にある。それは人生は楽しいことよりも、辛いことの方が多く、その理想と現実のギャップで悩むためだ。

誰しもが自由に楽しく暮らしたいと思うのは共通している訳だが、このような人生が楽しいという認識は理想を大きくする根本的な要因となる。例えば自由に遊びたいという欲求を持っても生活していく上では嫌な仕事をしなければならない訳であり、このような叶わない欲求を持つとストレスが大きくなるのである。

そもそも、人生は楽しいという前提として考えることが間違いであり、無駄な叶えられない理想を抱くということは止めて、人生は辛いということを前提として生活をしていくということが理想と現実のギャップによるストレスを生み出さないためには必要な心掛けであり、現実を肯定することが重要なのだ。

人生は楽しまなければ損という考えを持っていると、他人と比較して「自分は人生を楽しんでいない」という自己嫌悪に陥る傾向が強くなる。一方で人生は辛いという認識を持つと、楽しさを前提として生活をするということに縛られなくなるために、辛い現状を肯定しやすくなり、無駄なストレスを排除できるという訳だ。

もし、他人と比較して人生がつまらないと感じているのであれば、人生は楽しまなければ損という認識は捨てて、人生は辛いということを前提として生活をするということを実践してみて欲しいと思う。そうすれば理想を高く持たずに現状を肯定することができるためにギャップによる鬱になる可能性が減るのである。

人生は楽しいという前提で生きては駄目なんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    行動力のある人間になるには思考を停止させることが重要である

    何事にも怖気づかずに無帽と分かっていても挑戦をする人と、失敗を…

  2. メンタルヘルス

    適当という言葉を悪い意味で捉える人はストレス過多だね

    多くの人は適当という言葉を聞くと、一般常識という面では駄目な人…

  3. メンタルヘルス

    疎遠になった過去の友人関係をいつまでも追いかけるのは愚かだ

    学生の頃には毎日顔を合わせる友人は沢山いたにも関わらずに、社会…

  4. メンタルヘルス

    コミュ障が優先すべきことは喋ることではなく笑うことである

    説明不要だとは思うが、コミュ障と呼ばれるコミュニケーション能力…

  5. メンタルヘルス

    劇団員が緊張感を無くすために行っている参考になる訓練法

    人前で自分の意見を発表する際や、大勢の人の前で何かしらの作業を…

  6. メンタルヘルス

    行動力という才能を身に着けるための心得は無心になることだ

    自分が将来的になりたい理想像を実現させるという一番の要素という…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    電話恐怖症を劇的に改善させる方法を伝授したいと思う
  2. メンタルヘルス

    ニートには物を持たないミニマリストという生き方が合っている
  3. ブログ運営

    アフィリ大手A8.netのメール配信解除不可能について物申す
  4. 雑学

    タイヤ空気圧センサーの仕組みを整備士が分かりやすく解説
  5. オピニオン

    お金を使いたくない症候群の人が意識するべき4つのこと
PAGE TOP