オピニオン

宅配業者の激務を軽減するために再配達時間制限とかアホなの?

近年、個人でのネット通販の普及によって宅配業者の労働者は一日に数百件の配達をこなさなければならないのが現状であり、この一日に数百件の家庭を訪問しなければならないとなると、労働規定における労働時間を完全にオーバーして配達をしなければならないために、現在の宅配業者は過酷な労働環境は激務と言える。

しかし、訪問した家庭が留守であった場合には再配達というものを行わなければならないのだが、多くの従業員が就労時間を終えるであろう18時以降に再配達をする人が殆どであるために、強制的に残業を強いられて少しでも時間をオーバーすると罵倒されるなど配達員のストレスというのは大変大きいものであろう。

この現状を鑑みて、大手の宅配業者では再配達時間の制限を設けて、再配達の申請をする人が一番少ないお昼の時間の再配達を行わないという対策に出たのだが、再配達が少ない時間帯にこのような対策をしても、労働者にとっては何のメリットもなく、労働者の負担は何も変わらないのが実情だろう。

このような再配達時間の制限を設けるという対策を行うよりも重要なのは、労働者の大きな負担となっている再配達を減らすということであり、最近では宅配ボックスの設置が徐々に普及し始めている訳だが、現状では宅配ボックスは家主が購入をすることが前提であり、尚且つ、高額であるために普及に兆しが無い。

この宅配ボックスの普及を促進させるためには、宅配業者がレンタルとして宅配ボックスを貸し出すということを行うことが重要であり、宅配ボックスをレンタル制にすれば絶対的に普及をすることは確定的である。これからもっと需要が伸びる宅配業界ではこのような対策をしないと物流が回らなくなるのは確実だろう。

宅配ボックスはレンタル制にすれば良いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    田舎生活では車ではなくバイクという選択肢はアリなのか?

    都市部の場合には公共交通機関が発達しているため、個人で車やバイ…

  2. オピニオン

    夢や希望を叶えたいのなら周りに公言することが重要ですよ

    夢や希望などを叶えたいと思うなら一番最初にした方が良い事がある…

  3. オピニオン

    現役ニートはブログを執筆することを強くお勧めする理由

    ニートの生活習慣と聞くと多くの人が思い浮かべるのが、一日中何も…

  4. オピニオン

    進撃の巨人の原作者である諌山創を門前払いにした担当者は有能

    漫画を読まない人でも一度は耳にしたことがあるくらいに有名な大ヒ…

  5. オピニオン

    通販で購入した商品の箱潰れはどこまで許せるか?

    今や、インターネットが普及してネット通販を利用した事のない人と…

  6. オピニオン

    友人が一人もいない奴は人生を最高に楽しんでいる

    自慢ではないが、私は友人が一人もいないスーパーぼっちなのだ。世間では友…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    ブログタイトルを変更してから私に興味を持ってくれる読者が増えた件
  2. オピニオン

    ランキングサイト等の情報を絶対に信用してはいけない理由
  3. オピニオン

    会社員は本業以外の副業は禁止という風潮について物申す
  4. カラダ

    健康診断は病気の早期発見にとても貢献している健康の王様である
  5. オピニオン

    ニートになりたい社畜は毎日予定がある事の幸せを知るべきだ
PAGE TOP