オピニオン

YouTubeに広告を出している広告主は需要を理解していない

若い人の中ではテレビを視聴している時間よりも、YouTubeで動画を閲覧している人の割合が増えている傾向にあるという調査結果があり、YouTubeに広告を出すと若い人に認知をしてもらえるために、近年では多くの企業がYouTubeに広告を出すようなったが、広告主は全くYouTubeにおける広告の需要を理解していない。

YouTubeというのはテレビと異なり、ユーザーがタイトルやサムネイルなどで見たい動画を好きに閲覧できるのはご存知の通りなのだが、動画の前にテレビ広告感覚でCMを挿入していもYouTubeには広告のスキップ機能というものがあり、高確率でテレビ広告と同様の広告はユーザーに閲覧してもらえない。

YouTubeを見る若者というのは、面白さを求めて動画を閲覧している訳であり、何の変哲もない広告というのは邪魔という認識しか持たれないために、YouTubeで多くの人に見てもらえる広告を打ち出す際には、テレビ広告とは一味違ったテイストで広告を出さなければならない独自性と奇抜さが求められる。

最近ヒットしているテレビ広告を参考にすると、某大手携帯電話会社のCMがストーリー展開でヒットしているが、これは見ている人が面白いと感じるために注目される訳であり、多くの人に閲覧してもらえる広告を出すには、このような視聴者側の視線で見ていて時間の無駄にならない広告を出すことが重要なのである。

テレビではCMはスキップできないために強制的に多くの人の目に触れるが、YouTubeでは冒頭でも説明したようにスキップ機能があるために、特に広告を出す広告主は頭を捻ってスキップをさせない広告を掲載するということがYouTubeでの広告には求められるのだが、多くの広告主はこの事実を理解していないのが実情なのだ。

YouTube広告はテレビ広告と同様に考えては駄目なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    自動車整備士試験という実践では役に立たない資格は廃止にしろ

    現在、資格と呼ばれるものは数えきれない程あるが、その資格を取得…

  2. オピニオン

    最近は高級車より軽自動車の方が怖い人が乗っている場合が多い

    もしあなたが車を運転していたと仮定して、後ろから走ってくる後続…

  3. オピニオン

    自分の顔が不細工という事に関して劣等感を感じる必要性はない

    誰でも一度はイケメンに憧れたことはあると思う、そしてイケメンで…

  4. オピニオン

    「現状維持は後退」は日本のスマホ業界を例にすると理解できる

    2018年現在スマホ業界の世界シェア率というのは1位が韓国のサ…

  5. オピニオン

    仕事を辞めたいのならクビ宣告をされる行動を頻繁に行え

    今の仕事がつまらないし、自分の想像していた夢と全く違う会社で働…

  6. オピニオン

    テレビを見ない生活を続けて得られた4つのメリット

    朝起きたらテレビを付けて朝のニュースをチェックする。そして昼休…

コメント

    • 川田新平
    • 2019年 7月 15日

    クリックされた分のお金しか払ってないから痛くはないと思う 。
    だしたことないからわからんけれど、基本料があるんだろうか

    だったら0クリックで支払いあるんだったら無駄ですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    バイクの寿命は走行距離ではなく部品供給が終了した時である
  2. 雑学

    車検の際に行われる下回り塗装について自動車整備士が解説
  3. オピニオン

    日本人がブランド品に拘る理由は飽きれるほどの個性の欠損だ
  4. メンタルヘルス

    疎遠になった過去の友人関係をいつまでも追いかけるのは愚かだ
  5. オピニオン

    引きこもりや不登校を狭い視野の固定観念で罵倒するのは逆効果
PAGE TOP