稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

YouTubeに広告を出している広告主は需要を理解していない

      2017/11/10

若い人の中ではテレビを視聴している時間よりも、YouTubeで動画を閲覧している人の割合が増えている傾向にあるという調査結果があり、YouTubeに広告を出すと若い人に認知をしてもらえるために、近年では多くの企業がYouTubeに広告を出すようなったが、広告主は全くYouTubeにおける広告の需要を理解していない。

YouTubeというのはテレビと異なり、ユーザーがタイトルやサムネイルなどで見たい動画を好きに閲覧できるのはご存知の通りなのだが、動画の前にテレビ広告感覚でCMを挿入していもYouTubeには広告のスキップ機能というものがあり、高確率でテレビ広告と同様の広告はユーザーに閲覧してもらえない。

YouTubeを見る若者というのは、面白さを求めて動画を閲覧している訳であり、何の変哲もない広告というのは邪魔という認識しか持たれないために、YouTubeで多くの人に見てもらえる広告を打ち出す際には、テレビ広告とは一味違ったテイストで広告を出さなければならない独自性と奇抜さが求められる。

最近ヒットしているテレビ広告を参考にすると、某大手携帯電話会社のCMがストーリー展開でヒットしているが、これは見ている人が面白いと感じるために注目される訳であり、多くの人に閲覧してもらえる広告を出すには、このような視聴者側の視線で見ていて時間の無駄にならない広告を出すことが重要なのである。

テレビではCMはスキップできないために強制的に多くの人の目に触れるが、YouTubeでは冒頭でも説明したようにスキップ機能があるために、特に広告を出す広告主は頭を捻ってスキップをさせない広告を掲載するということがYouTubeでの広告には求められるのだが、多くの広告主はこの事実を理解していないのが実情なのだ。

YouTube広告はテレビ広告と同様に考えては駄目なんじゃないの?

 - オピニオン