オピニオン

YouTubeに広告を出している広告主は需要を理解していない

若い人の中ではテレビを視聴している時間よりも、YouTubeで動画を閲覧している人の割合が増えている傾向にあるという調査結果があり、YouTubeに広告を出すと若い人に認知をしてもらえるために、近年では多くの企業がYouTubeに広告を出すようなったが、広告主は全くYouTubeにおける広告の需要を理解していない。

YouTubeというのはテレビと異なり、ユーザーがタイトルやサムネイルなどで見たい動画を好きに閲覧できるのはご存知の通りなのだが、動画の前にテレビ広告感覚でCMを挿入していもYouTubeには広告のスキップ機能というものがあり、高確率でテレビ広告と同様の広告はユーザーに閲覧してもらえない。

YouTubeを見る若者というのは、面白さを求めて動画を閲覧している訳であり、何の変哲もない広告というのは邪魔という認識しか持たれないために、YouTubeで多くの人に見てもらえる広告を打ち出す際には、テレビ広告とは一味違ったテイストで広告を出さなければならない独自性と奇抜さが求められる。

最近ヒットしているテレビ広告を参考にすると、某大手携帯電話会社のCMがストーリー展開でヒットしているが、これは見ている人が面白いと感じるために注目される訳であり、多くの人に閲覧してもらえる広告を出すには、このような視聴者側の視線で見ていて時間の無駄にならない広告を出すことが重要なのである。

テレビではCMはスキップできないために強制的に多くの人の目に触れるが、YouTubeでは冒頭でも説明したようにスキップ機能があるために、特に広告を出す広告主は頭を捻ってスキップをさせない広告を掲載するということがYouTubeでの広告には求められるのだが、多くの広告主はこの事実を理解していないのが実情なのだ。

YouTube広告はテレビ広告と同様に考えては駄目なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    ニートが社会復帰をしても過去のトラウマは拭えないのが現状だ

    現在、日本には引きこもりを含めたニートという存在が多くいるのが…

  2. オピニオン

    クリエイティブな専門学校の入試が筆記試験とかバカなの?

    高校を卒業するとそれぞれの進路を選ぶことになるのだが、多くの学…

  3. オピニオン

    宅配業者の激務は配達ロッカーを設けることで解消できる

    現在、宅配業者の激務が指摘される中で通販等の利用者急増に伴い、…

  4. オピニオン

    自分の顔が不細工という事に関して劣等感を感じる必要性はない

    誰でも一度はイケメンに憧れたことはあると思う、そしてイケメンで…

  5. オピニオン

    成功者になりたいならお金への執着心を捨てることが重要

    社会人として生きていると世の中「金・金・金」で埋め尽くされてい…

  6. オピニオン

    初めての二輪免許で一気に大型二輪を取得するのはアリなのか?

    バイクが好きな人にとっては、大排気量のリッタークラスのバイクと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    答えの出ない悩み事は早急に思考を停止させる必要がある
  2. 雑学

    キーンと良い音が鳴るZippoに価格帯は関係ないという事実
  3. オピニオン

    働く気力の無いニートは社会のため永遠と引きこもっていなさい
  4. オピニオン

    自動車整備士を志す人は知っておくべき労働環境を整備士が解説
  5. オピニオン

    学歴の無い中卒者でも自動車検査員になると準公務員になれる
PAGE TOP