稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ディーラーの整備士が着用しているツナギを入手する方法を解説

      2017/11/19

車が好きな人にとっては、整備士が仕事で着用しているメーカーブランドのロゴが入ったツナギを着てみたいというマニアもいるかもしれないが、多くの場合にはディーラーが着用しているツナギというのは個人が購入するものではなく、会社からの支給品のために非売品といっても過言ではないため入手は困難である。

ディーラーの整備士というのは、メーカーロゴが入ったツナギを着用しても良いのは勤務をしている時間のみで、会社以外でツナギを着るというのはタブーであるために知り合いの整備士のお下がりのツナギを頂くというのは無理に等しいために、一般的には世に出回るというのは少ないのがディーラーのツナギなのだ。

しかし、このような入手が困難なディーラーの整備士が着用しているツナギは景品として極々まれに配布していることもあり、ネットでディーラーの整備士のツナギを検索するとヒットする訳であるのだが、オイルなどで汚れたツナギが数万円で購入されるケースがあるのだが、これはあまりお勧めできない。

では、一番手っ取り早く新品のツナギを入手する方法は、自動車整備工場などと親しくなるということをお勧めしたいと思う。自動車整備工場というのは各メーカーの部品担当が地域を回っているために、整備工場を通してメーカーから直接に新品のツナギを入手することができるのである。

特にスズキでは、グッズとして厳密にはディーラーと同様のツナギではないのだがロゴ入りのツナギを販売しているために、単純にロゴが入ったツナギを着たいという人は、整備工場と親しくなって、メーカー部品担当者からツナギを購入するというのが新品のツナギを手に入れる方法なのである。

ディーラーツナギが欲しいなら整備工場と親しくなれば良いんじゃないの?

 - 雑学