稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

文章を素早く書き上げる方法をブロガー視点で伝授しよう

      2017/11/20

大抵の人が自分の言葉で文章を書きあげるという事に対して苦手意識を持っていると思う。特に大人になると自分の意志を文章として書き上げる機会というのが減るために、会社などの会議で自分の意見を文章として書き上げなければならないとなるとなかなかペンが進まないことが多いのではないかろうか。

文章を書くということが苦手という意識を持ってしまうのは、決められた議題に対して上手く文章を構成して書こうという意識が働いてしまうために、一度書いた文章を校正してしまう作業を繰り返してしまうためであるのだが、文章を素早く書く上で重要なのは上手く文章を書くという意識を捨てることである。

誰しもが学校の夏休みなどの宿題で読書感想文を書いたことがあると思うのだが、読書感想文を書いている学生を見ていると一度書いた文章を後に読み返して消すという作業を行っている学生が多いのだが、このような文章を書きなおす作業を行うと大幅な時間のロスとなり、素早く文章を書くことはできない。

文章を書くという作業の中で素早く文章を書きあげる上で重要になるのは、いきなり原稿用紙に文章を書くということはせずにパソコンやタブレットなどで文章の簡潔な概要をまとめて、しっかりと文章の趣旨を決めてから書くということであり、この作業の有無で大幅に文章を書く上で時間が変わってくるのだ。

簡潔な概要を決めずに文章を書くと、書いている内に自分が本当に主張したい意見から脱線してしまうために、後に読み上げると納得できない文章になっていることがあり、特に原稿用紙となると途中の一行が可笑しい場合には書き直さなければならないために大幅な時間が必要になってしまうのである。

一方で、自分が主張した文章を校正を意識せずに簡潔にメモした場合には、文章の意図が明確に分かるために途中で脱線をするということが無くなるために、書きながら一発で文章を校正する場合と比べて素早く文章を書くことができるという特徴があるために、文章には構成を書くメモが重要という訳なのだ。

一発で文章を書いては駄目なんじゃないの?

 - ブログ運営