家電

自作パソコンのSSD容量は妥協をしてはいけない理由

最近ではタブレット端末やスマホの普及によって家庭でのパソコンの需要というものが減少し、パソコンの販売台数がタブレット端末に追い抜かれているなど、パソコンの需要が減ってきている訳であるのだが、家庭でパソコンを扱う仕事やゲーマーなどにとってはパソコンは絶対的に必需品であることは間違いはない。

そのようなパソコンの中で自分で部品を調達してパソコンを組み立てる自作パソコンを検討している人は、様々な情報を鑑みて自作パソコンの部品構成を考えると思うのだが、WindowsなどのOSを入れるSSDの容量に関しては結構重要なのだが、予算の関係で低容量のSSDを妥協してしまう人が多い。

SSDというのは高速で長寿命というメリットがあるのだが、HDDと比較して値段が高い傾向にある。そのために大抵の自作パソコンユーザーは「Windowsしか入れない」という理由でSSDの容量を抑えて他の部品に予算を充てるのだが、SSDの容量をケチると後々後悔をすることになるために妥協をすべきではないのだ。

特に人気のSSD容量は2017年現在では250GB程度の容量が人気であるのだが、OSを入れる専用のSSDとしては必要十分に思えるかもしれない。しかし様々なアプリケーションを入れると250GBでは絶対的に容量不足というのは否めないために値が張っても最低でも500GB以上のSSDを検討した方が良いのである。

SSDは余裕を持った容量を選ぶ必要性があるんじゃないの?

関連記事

  1. 家電

    評価の高いPCスピーカーJBL PEBBLESを購入レビューしよう

    最近では、スマホやタブレットなどの普及によって音楽はコンポでは…

  2. 家電

    MNP転出手続きはショップではなく電話で行った方が良い理由

    現在契約しているキャリアで使っている電話番号を他社でも使えるよ…

  3. 家電

    AmazonベストセラーのヘッドセットCF8003が素晴らしい件

    仕事で長時間のドライブをしなければいけないトラック運転手や、オフィスな…

  4. 家電

    通信速度で用いられるベストエフォートという言葉の意味とは?

    自宅のネット回線やスマホなどの情報通信などのパンフレットを見て…

  5. 家電

    iMacProと自作パソコンを寿命という観点から比較しよう

    現在はスマホやタブレットの普及によってパソコンを趣味として利用…

  6. 家電

    自作パソコンのSSD容量は240GB以上が絶対的に必要になる

    自作パソコンの醍醐味と言えば、自分でパーツを選択して、自分で組…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. カラダ

    健康診断でチェックされる画像検査以外の主な検査方法とは?
  2. メンタルヘルス

    ポジティブに生きるにはこの世という人生をゲームだと思い込め
  3. ブログ運営

    120万PVの6月のNAVERまとめ収益額は20658円
  4. 雑学

    美容師がカット中に世間話をする理由を現役美容師に聞いてみた
  5. オピニオン

    長生きをすることが絶対的に幸せとは限らないんじゃないの?
PAGE TOP