オピニオン

社会人の本当の友人関係?なにそれって人が読むべき記事

幼少期から親のエゴによって様々な固定観念を押し付けられて、友達は絶対に多い方が人生が楽しいという風に勘違いをしている人が多く、本当に友達という交流関係というのは必要なものであるのか?という問に対して疑問視する人というのは少ないと思うのだが、本当の友人関係というのは幸せと直結しているのだろうか。

確かに学生時代であれば、娯楽というものが少ないために友人と遊ぶということは気分転換という意味において重要かもしれない。しかし、社会人になると友人と遊ぶというのは減るものであり、それには友人の結婚や仕事の多忙でスケジュールが合わないなどの理由があり気が付いた時には疎遠になっているのも珍しくはない。

風潮として友人がいない人というのは性格に問題があると印象付けられることがあるのだが、子供の頃の純粋な気持ちで遊んでいた友人と成長して社会人になったときに友人とでは純粋に楽しいから交流があるという意味よりも双方の利害関係という面に対して焦点が当てられるようになり、メリットがない交流は切られるのだ。

例えば学生時代に親友であった人物同士が大人になっても友人関係を幅広く持っていると、連帯保証人や金銭の貸し借りなどでトラブルの元となることも多いように、子供と大人の友人関係というのは異なっており、必ずしも社会人にとっての友人の必要性というものは利をもたらしてくれる関係ではないのである。

そもそも社会人になってから友人という存在を考えると、休日に家でゆっくりとくつろぎたいと考えているにも関わらずに、飲みの誘いなどで自分の自由時間を犠牲にしなけれならないなど社会人になれば友人という存在は億劫になるものであり、社会人には友人関係など重要視されるものではないのである。

そのために、社会人になって友人がいないという人は別に可笑しいことではなく、誰しもが大人になれば友人関係というのは疎遠になっていくということを理解して、逆に社会人であれば友人がいることによって貴重な時間の束縛などが多くなるデメリットがあるということを覚えておくべきだろう。

友人と幸せは比例しないんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    大手通販会社は運送会社に依存せず独自の配送体制を設けるべき

    一昔前は通信販売を利用するという人は少数であり、運送会社の負担…

  2. オピニオン

    学生が将来の選択を卒業間近の一年で決めるってのは無理な話

    小学生の時を思い出してほしいのだが、小学生の授業の中で将来なり…

  3. オピニオン

    休日引きこもりはニート並みに底辺な生活を強いられる現状

    家からまったく外出せず、労働も行っていない引きこもりニートとい…

  4. オピニオン

    ニートが人生をやり直せる年齢なんてものは存在しない

    人生が上手くいかずに、人生をやり直してみたい人というのは多いの…

  5. オピニオン

    子どもに将来の夢を持たせる必要なんて一切無い

    小学校や中学校、そして高校に加えて大学でも自分の将来なりたい職…

  6. オピニオン

    まだ東京で暮らしたいなんて言ってるの?

    高校を卒業して東京の大学に住むことになった東京大好き新大学生や、新社会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 家電

    APCの無停電電源装置BR550S-JPを購入したのでレビュー
  2. 雑学

    カーバッテリー交換時に注意すべき盲点を整備士が解説しよう
  3. 雑学

    タバコ自販機のtaspoは未成年購入抑止に繋がらない
  4. オピニオン

    ランキングサイト等の情報を絶対に信用してはいけない理由
  5. ブログ運営

    無趣味な人は本当にブログを運営することをオススメします
PAGE TOP