稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

LINEで削除してしまった友達を復活させる際の最終手段を解説

      2017/12/01

スマホを保有している人のコミュニケーションツールとしてLINEが主流となり、メールや電話もLINEで行うという人が大多数であると思う。ガラケー時代ではメールアドレスや携帯電話番号などを交換して連絡を取り合っていたのだがLINEに置き換わったことによってLINEでしか連絡をとる手段がないというケースが増えた。

LINEというのは友達を削除して一切の連絡を絶ってしまう機能があるために、一時の感情で友達を削除してしまうという人も多いと思うのだが、一時の感情で友達を削除してしまうと後に連絡を取りたいと思っても連絡が取れなくなってしまい、そのまま疎遠になってしまうことだってあるだろう。

LINEでの友達の復活方法はトーク履歴から復活させる方法やIDで復活させる方法などは他サイトでも多く紹介されている訳だが、トーク履歴を削除してしまったり、相手のIDを知らない場合には復活させるのは困難であり、連絡を取りたい相手がいるけれども諦めている人もいるのではなかろうか。

他のサイトでは上記で記述したトークで復活させる方法やID等で復活させる方法ができない場合には諦めるしかないという説明がされているが、ある条件下ではLINEで友達を削除してしまっても復活させる方法が一つだけあるために、この記事では最終手段として友達を復活させる方法を解説していきたいと思う。

LINEでの友達を復活させる最終手段

LINEの友達設定の項目には「友達自動追加」という項目と「友達への追加を許可」という2つの項目があるのだが、前者の友達自動追加とは自分のスマホのアドレス帳に登録されている友達をLINE上に表示させるものであり、後者の友達の追加を許可は自分の番号を登録している相手を自分のLINE上に表示するものである。

友達を削除してしまった際には、後者の「友達への追加を許可」を上手く利用すれば、自分の番号をアドレス帳に登録している相手のLINEアカウントを表示できるのだ。その方法はLINEアカウントを完全に削除して新たに再登録することで「知り合いかも」に表示させるという方法だ。

しかし、この方法はスタンプやグループやトーク履歴などが一切消えてしまうというデメリットがあるということを理解して実行する必要があり、これらの情報が消えても良いから連絡を取りたいという場合に限って行って上記で紹介した方法を最終手段として実行して欲しいと思う。

だが注意が必要なのだが、相手が自分の携帯番号をスマホのアドレス帳から削除している又は登録していない場合には、この復活方法は無理であるために、この方法を実行する場合には相手が自分の番号の携帯番号を知っているということを前提として行うということを理解して欲しい。

友達を削除しても復活可能なんじゃないの?

 - 雑学