稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

歳を重ねると時間が早くなる「ジャネーの法則」を具体的に解説

      2017/12/04

大人の人は小学校時代を思い出して欲しいのだが、義務教育期間である小中学校の9年というのはとても長い期間であったと感じる人が殆どではないだろうか。しかし大人になったときの9年というのは学生時代の体感時間よりも遥かに早く進んでいるように感じると思うのだが、これには正式な名称がある。

それは「ジャネーの法則」というものであるのだが、このジャネーの法則の説明分を読んでも理論が結構難しく、子供の頃の経験値というのは日本人の平均寿命の80分の1であり、未体験の経験を積む機会が多いために子供の時間というのは長く感じ、80歳の人は経験を積み重ねているために時間が短く感じるというものだ。

これだけの説明文を読んでもいまいちジャネーの法則の理論は理解できないものであり、いまいちピンっとくる人は少ないのではないだろうか。この記事ではそんな人のためにジャネーの法則の理論を超簡単に解説していきたいと思うのでジャネーの法則の意味が分からないという人は参考にして欲しい。

まず、あなたにジャネーの法則の理論を読み解くために一つの例としてゲームを想像して欲しいのだが、経験したことのないゲームをクリアするまでの時間と、何度も同じゲームソフトを繰り返し遊んで遊び倒したゲームのプレイ時間は大幅に異なるものであり、これは攻略法が理解できているためである。

ジャネーの法則の理論というのはこのように、ゲームを人生と置き換えて考えると分かりやすく、人生を長く経験していると世の中の攻略法とマンネリが続くために脳は経験したことのある同じ記憶と同調する場合には重要な記憶ではないと判断して些細な記憶はカットしてしまうために大人になると時間が早く過ぎるのだ。

ジャネーの法則の理論は単純なんじゃないの?

 - メンタルヘルス