稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

カーナビの取り付けは自分で行った方が良い理由を解説しよう

      2017/12/06

車にカーナビが付いていな場合で、遠出をする際にカーナビを取り付けたいと思ったときに、殆どの人はディーラーやカーショップなどの専門家に取り付けを行ってもらうと思うのだが、カーナビの取り付けというのは多くの人が思っている程に難しいものではなく、取り付け説明書を読めば比較的簡単にできる。

カーナビの取り付けというのは車の内張りを外して配線を接続しなければならないという手間があるために、多くの場合で専門家に頼んでしまうのだが、カーショップやディーラーで取り付けを行ってもらうと取り付け工賃というのが発生し、それも比較的高い傾向にある。

特にディーラーやカーショップなどで取り付けを行ってもらう場合には、取り付け時間は平均で2時間程度というケースが多いのだが、このようなディーラーやカーショップでの取り付けというのは時間勝負となり、短時間で多くの業務を行わなければならないために、見えない配線は粗末であるケースが高いのだ。

カーナビの配線を綺麗にまとめて、断線しないように絶縁テープなどでケーブルを固定するという手間を入れると2時間以上の時間は必要になるものであり、最初は良いのだが何年も使用していると特に抜けやすいバックカメラ配線などが取れてしまい映らなっていたということも自身の経験談としてあったのである。

自分でカーナビの取り付けを行った場合には、このようなバックカメラのが映らなくなった時には暇な時間を使って自己解決できるのだが、他人任せであるとこのような知識がないために、再度ショップなどで工賃が発生するデメリットがあるために、専門家に全て任せるのではなく自分で取り付けは行った方が良いのである。

カーナビの取り付けは自分で行った方が良いんじゃないの?

 - 雑学