メンタルヘルス

失敗に対して自己嫌悪を感じている時点で成長の兆しは皆無だ

日本人という国民性は失敗をするということに対して極度の抵抗感を感じやすい国民性であり、失敗をするということは自己評価を下げるというマイナスな点ばかりに焦点が行ってしまいやすい訳であるのだが、仕事に対しての失敗というのは成功体験を積み上げるよりも重要な体験ということを忘れている。

誰しもが、仕事や趣味に対して成功をするということをイメージして物事に取り組むと思うが、成功をする経験と失敗をする経験を比較した場合には後者の方が記憶に残りやすく、危険回避をするための選択肢というのが増えて、結果的に失敗をする方が後の成長に繋がる自己投資経験という訳だ。

失敗に対して自己嫌悪を感じてしまうというのは、学校であれば間違った発言や解答を大衆の前で行えば笑われるという経験や、失敗をするという行為に対して叱られる対象と子供の頃から教え込まれているために失敗は悪であるという風潮が生まれたと想定できるのだが、失敗は本来歓迎すべきことなのである。

もし、失敗をして自己嫌悪に陥っているのであれば失敗は悪であり、絶対にしてはいけないという意識を捨てて、失敗を歓迎して次に繋げていけば良いだけの話であり、失敗をしたからといってプライドや自尊心を喪失させるのは後退ということを意識して失敗を受け入れるということが重要なのだ。

失敗は別に良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    お金の使い道がない人は他人の為にお金を使えば幸せになれる

    社会人として生活している人の中には、会社から給料を頂いても物欲…

  2. メンタルヘルス

    睡眠薬や抗不安剤を飲むと太るって言われているけどホント!?

    今は国民病とも言われている不眠症。布団に入って直ぐに寝れるならこれ以上…

  3. メンタルヘルス

    現実で嫌なことがあったら全て夢の中の話だと思いこもう

    仕事や学校なんどで嫌なことがあり、その嫌な体験をズルズルと引き…

  4. メンタルヘルス

    行動力のある人間になるには思考を停止させることが重要である

    何事にも怖気づかずに無帽と分かっていても挑戦をする人と、失敗を…

  5. メンタルヘルス

    心が病んでいる人は寝る前に小さな幸せをメモ帳に書き綴ろう

    日本という国は多くの人がうつ病で悩んでいる人が多くを占めている…

  6. メンタルヘルス

    昔は良かったというノスタルジーは不要である。未来に生きろ

    中学生の頃は小学生の頃は良かった。高校生になると中学生の頃は良…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    睡眠薬や精神安定剤を飲み続けると記憶力は低下するのか?
  2. オピニオン

    日本人はお金の使い方というものについて無知の極みである
  3. オピニオン

    仕事に対して誇りを持つ必要なんて一切ありませんよ
  4. オピニオン

    整理整頓が出来ない人は金庫を購入することを強くお勧めしたい
  5. オピニオン

    政府は現役ハッカーを逮捕せずにホワイトハッカーとして採用するべきなんじゃないの?…
PAGE TOP