稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

適当に生きるためには思考力より直感力を重視すべきである

      2017/12/09

人というのは、学校では友達を多く作って勉強をして社会のルールというものを高々、教員採用試験に受かった公務員から教え込まれる。そうして人として懸命に生きるべき道徳という固定観念を強く押し付けられる訳であり、何事にも懸命になれない人間は駄目な人間であるという社会の常識を強く教え込まれる。

しかし、懸命に何事にも一生懸命になって行動をするというのは結果的に自分の首を絞めるというこになるということに気が付いていない人が殆どであり、楽しく生きるためには何事にも懸命になるということよりも、適度に力を抜いて適当に生きるということを重視して生活をした方が良いのである。

何事にも懸命になるというのは、一見すれば素晴らしいことと考えられるのだが、懸命に行動をするというのは自分以外の第三者の評価と自身の自己満足を満たすというメリットしかない。ここで「懸命に行動すれば未来が変わる」という虚言を訴える人もいると思うが、懸命に行動する=将来の幸せの方程式は成り立たないのだ。

例えば懸命に勉強をして一流大学を卒業しても就職先が見つからずに高学歴ニートという存在や、懸命に仕事をしても評価がされないという状況下では懸命になる意義が存在せずに、逆に懸命という観念に押しつぶされて精神的に追い詰められるということも考えられるものであり、懸命に生きることは美徳ではないのである。

日本は鬱国家である訳だが、鬱国家である根本的な原因を読み解くと、懸命に生きることは素晴らしいという考えを持っているためだ。このような鬱国家で懸命に真面目に生きるということは得策ではないものであり、過度に力を入れて考えるということよりも直感力で適当に物事を判断して行動した方が良いのだ。

人は物事を判断する際には、メリットとデメリットを比較して良く考えて物事の選択を行う訳だが、考えて行動をするというのは保守的な選択をしてしまい、将来性などのリスクを鑑みてしまうために結果的にクヨクヨと考えて心配が尽きない悪循環に陥ってしまうリスクがあるということを理解すべきだろう。

そのために、真面目に生きるということに疑問を抱いた人は懸命に生活をするという考えを捨てて、思考で物事を判断するのではなく、直感で物事を判断するということを意識して生活をするということが、程よく適当に生きるためには必要な心掛けということを理解すべきであろう。

適当に生きることは悪いことではないんじゃないの?

 - オピニオン