稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

低学歴であり低収入の男は結婚というものを諦めるべきである

      2017/12/15

世間の風潮としては20代後半になると結婚をしなければならないという意識が強く芽生えて、周りの友人が次々と結婚していく姿を見ると焦りを感じると思うのだが、男性の中には結婚願望があっても自身の経済力では生活ができないという理由で結婚を諦めている人もいると思うが、それは正解である。

10代や20代前半の恋愛というのは経済力ということは二の次であり、性格を重視するが、結婚を考えて将来の生活というものを考えると、女性というのは表面上では経済力は重視すべき点ではないという顔をしているが、大半の女性は結婚相手の男性に絶対的に第一優先事項として経済力を求めているのは明らかである。

女性というのは男性に比べて現実主義で、年齢を重ねるごとに将来性を鑑みるようになる。この理由の裏付けとして若く結婚をした場合の離婚率が高い原因は同棲をすることによって相手の経済力が直に図ることができるために「こんなはずじゃなかった」と我に返る女性というのが多いために離婚率が高いのだ。

特に低学歴というのは余程の天才ではない限り低収入と直結するものあり、低学歴低収入が結婚をして子供を授かると子供には進学校に入学できる才能があるにも関わらずに、家庭の事情で高校を中退したり、進学を諦めるという統計が出ており、負け組という負の連鎖が起きてしまうのである。

それでも低収入ということを受け入れてくれる器の大きい女性がいたとしても、このような低学歴低収入で結婚をすると金銭的に苦労をする機会が多いということを理解すべきであり、このような男性は結婚という固定観念を捨てて、独身として生活をするという選択を取るということも悪いことではないだろう。

低学歴低収入は結婚すべきではないんじゃないの?

 - オピニオン