メンタルヘルス

睡眠薬や向精神薬の離脱症状が出ない断薬方法を解説しよう

睡眠薬や向精神薬などの神経に作用する薬全般というのは、他の症状を抑える薬に比べて格段に離脱症状が発生しやすい部類の医薬品であり、このような脳に作用する薬というのはうつ病であれば気分を一時的に鎮める作用はあっても、根本的な解決ができるものではないために、断薬をしなければ一生服用しなければならない。

睡眠薬であれば、断薬をすることによって薬を服用する前よりも不眠症が悪化したり、向精神薬であれば薬を服用しなければ気分が悪くなったりする影響があり、正しい方法で断薬をしなければ離脱症状に悩まされることになる訳だが、この断薬というのは結構難しいものなのである。

絶対にやってはいけない断薬方法は、薬を一気に減薬することである。このように一気に減薬をすると体が薬が入ってくることに慣れている状態でいきなり薬が入ってこなくなると、体の機能が上手調整できずに吐き気などの離脱症状が発生してしまうのである。

最善の断薬方法としては、弾薬をしたいと思い立っても直ぐに薬を一気に減薬するということは止めて、長いスパンを考えて徐々に減薬をするということが離脱症状を発生させないためには必要な心掛けであり、減薬にはこのように長い期間を設けて断ち切るということが重要なのである。

減薬は長いスパンで行う必要性があるんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    精神安定剤は薬局で気軽に購入できる市販薬にすべきである

    今や国民の現代病と言っても過言ではない鬱病。この鬱病になってし…

  2. メンタルヘルス

    不眠症の場合でも心療内科の受診をお勧めできない決定的な理由

    現代の日本人の5人に1人は夜中に眠りに付けない入眠障害や、眠り…

  3. メンタルヘルス

    人生の決断に迷ったら心情を紙に書くことが重要

    人生の決断は生きていれば必ず訪れる。それは学生であれば志望校の…

  4. メンタルヘルス

    人から好かれたいという無意味な意識を持つ必要は皆無である

    誰しもが嫌われるよりも好かれたいと思うのは当然であると思うのだ…

  5. メンタルヘルス

    人は常識という固定観念や当然という思考に左右されすぎだね

    学生であれば、毎日きまった時間に起床して決まった時間に帰宅して…

  6. メンタルヘルス

    マンネリ化した日常を変えたいのなら行動範囲を広げるべき

    学生であれば、毎日学校に通って勉強をして帰宅して一日が終わる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    働くよりニートである状況の方が100%辛い
  2. オピニオン

    ニートは家に籠らずに一人旅にでてみると世界観が変わる
  3. オピニオン

    本当の秀才が使っているPCデスクは勉強机であるという事実
  4. メンタルヘルス

    ストレス耐性を高める簡単な方法について伝授したいと思う
  5. オピニオン

    新人コンビニバイトの恐怖の瞬間である現金過不足について解説
PAGE TOP