稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

睡眠薬や向精神薬の離脱症状が出ない断薬方法を解説しよう

      2017/12/18

睡眠薬や向精神薬などの神経に作用する薬全般というのは、他の症状を抑える薬に比べて格段に離脱症状が発生しやすい部類の医薬品であり、このような脳に作用する薬というのはうつ病であれば気分を一時的に鎮める作用はあっても、根本的な解決ができるものではないために、断薬をしなければ一生服用しなければならない。

睡眠薬であれば、断薬をすることによって薬を服用する前よりも不眠症が悪化したり、向精神薬であれば薬を服用しなければ気分が悪くなったりする影響があり、正しい方法で断薬をしなければ離脱症状に悩まされることになる訳だが、この断薬というのは結構難しいものなのである。

絶対にやってはいけない断薬方法は、薬を一気に減薬することである。このように一気に減薬をすると体が薬が入ってくることに慣れている状態でいきなり薬が入ってこなくなると、体の機能が上手調整できずに吐き気などの離脱症状が発生してしまうのである。

最善の断薬方法としては、弾薬をしたいと思い立っても直ぐに薬を一気に減薬するということは止めて、長いスパンを考えて徐々に減薬をするということが離脱症状を発生させないためには必要な心掛けであり、減薬にはこのように長い期間を設けて断ち切るということが重要なのである。

減薬は長いスパンで行う必要性があるんじゃないの?

 - メンタルヘルス